HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
スポーツ心理学 2 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(みずの ひろゆき) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
水野 浩幸
授業の目標 - 到達目標-
 スポーツ心理学の基礎的な知識と技法を理解し、スポーツ活動の様々な場面に存在する心理的な問題に対して心理学的なアプローチが出来るようになる。
・スポーツ心理学の基礎知識を理解する。
・自分自身がスポーツ活動のなかで経験した問題について心理学的に分析できる。
・スポーツ心理学の知識、技法を、今後の競技生活や学生生活に活用できるようになる。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 これまで皆さんは何らかの形でスポーツを観たり、実際にプレイしてきました。
スポーツ心理学はスポーツを行うにあたっての技術の向上や自らに勝つための心の側面を研究します。これは主にメンタルトレーニングとして知られています。
しかし、ほとんどの皆さんはアスリートとして競技を続けているわけではありません。そこで、この授業では、実際のトップアスリートたちが直面している問題のうちのいくつかを取り上げて、一緒に考えていきたいと思っています。
授業の内容・講義手法の概要
 メンタルトレーニングは、アスリートやその指導者が競技力を向上させるために必要な心理的スキルをどのように獲得し、実際にそれを活用していくか、活用できるようになるか考えていくためのものです。心理学やスポーツ心理学の理論と技法に基づく計画的で教育的な活動です。
 すなわちアスリートが調子がよくて試合が待ち遠しいと思う。逆に調子が悪く、あとで考えると無駄なことばかりしてしまったというような気持ちのむらのようなものを科学的に分析し、結果としてピークパフォーマンスを発揮できる心の状態への持っていき方を考えます。
授業の方法
 講義
授業計画
1.
スポーツと心
2.
スポーツとパーソナリティ
3.
競技者に必要な心理的スキル
4.
スポーツにおける動機付け
5.
目標設定の方法
6.
緊張とパフォーマンス
7.
自信を高めるには
8.
中間テスト
9.
アスリートにおける交流分析
10.
リラクセーショントレーニング
11.
集中力のトレーニング
12.
集団とチーム
13.
スポーツ選手のライフスキル
14.
グループワーク
15.
総括
成績評価の方法・基準
 授業参加度(50%)、中間テスト(10%)、期末テスト(10%)、毎回のミニレポート(30%)により総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
 特にありません。
履修上の留意点
 初回の授業で受講する上でのルールを説明します。
事前準備学習・その他
 スポーツ経験のある学生は、自分自身のスポーツ経験をまとめておくとよいでしょう。