HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
コーチング論 2 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(かとう みつひこ) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
加藤 三彦
授業の目標 - 到達目標-
①コーチングに必要な考え方・知識を修得する。
②指導・模範(デモンストレーション)などを含めたプレゼンテーションスキルを修得する。
③対人理解に基づいたコミュニケーションスキルを修得する。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 自己決定や自己解決といった自己実現をサポートしていくための手法として「コーチング」は存在しています。また、スポーツ界が発祥の地であるコーチングは、今やさまざまな分野で注目されています。なぜならば、経営資源の中で最も重要視しなければならないのは『人』であり、その認識から資源を育て有効に活用するための体系化されたスキルがコーチングだからです。
 ここでは、スポーツ界から端を発したコーチングの手法をベースに、幅広い分野に対応可能なコーチングの考え方や手法を学ぶこととします。
授業の内容・講義手法の概要
 はじめに、コーチングについての考え方や基本的手法について学びます。場面によっては、ロールプレイ(役割演技)、デモンストレーション(模範演技)、ブレーンストーミング(グループワーク)などを行います。セルフコーチング(自分で自分をコーチすること)が講義のメインストリームになります。
 まとめとして、それぞれの立場から「コーチングステップシート」を作成していただきます。
授業の方法
 講義
授業計画
1.
ガイダンス:(講義、評価の方法)
2.
コーチングとは ①考え方
3.
コーチングとは ②分類
4.
コーチングの基本 ①PDCAサイクル
5.
コーチングの基本 ②GROWモデル
6.
ティーチングとコーチング
7.
コミュニケーションスキル
8.
セルフコーチング  ・レポート①
9.
グループコーチング
10.
コーチングのコアスキル ①質問と傾聴
11.
コーチングのコアスキル ②管理と確認
12.
関係性からのコーチング実例 ①学生と教員
13.
関係性からのコーチング実例 ②選手と指導者
14.
コーチング学に必要な分野について
15.
総括:テスト、レポート②
成績評価の方法・基準
 平常点・コメント票の内容(40%)、課題・レポート(20%)、テスト(40%)により総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
 教科書はありません。授業用資料を適宜配布します。
 公認スポーツ指導者養成テキスト:発行編集)公益財団法人 日本体育協会
 努力が結果につながらない人に気づいてほしいこと:出版社)新潮社
 前進力 - 自分と組織を強くする73のヒント- :出版社)新潮社   他
履修上の留意点
 本科目は、健康福祉マネジメント学科専門科目に位置づけられています。
事前準備学習・その他
事前準備:自らの興味・関心のある分野(福祉・医療・スポーツ・ビジネスなど)のコーチング本を何冊か読んでから受講してください。
事後学習:修得した知識やスキルを、それぞれの立場や関係性で有効に活用してくれることを期待しています。