HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
メンタルトレーニング論 2 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(かとう みつひこ) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
加藤 三彦
授業の目標 - 到達目標-
①メンタルトレーニングの基礎知識を修得する。
②メンタルトレーニングの基本用語を修得する。
③メンタルトレーニングの方法を修得し、「やる気」を高める。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 スポーツ心理学という学問から、現場での実践が目的の応用スポーツ心理学が派生しました。ここから、スポーツを含むパフォーミングアーツ、ビジネス、教育、健康が対象であるメンタルトレーニングという独立した学問分野が形成されたといわれています。最近では、教育、ビジネス、医学、受験、一般的な健康の分野などでも活用されています。
 ここでは、メンタルトレーニングの基礎知識や、トレーニングの流れを習得し、それを、履修者の「セルフコントロール」・「モチベーションアップ」などに役立てることをねらいとして学びます。
授業の内容・講義手法の概要
 はじめに、メンタルトレーニングの基礎知識について学びます。次に、トレーニングの流れと基本用語などを習得します。ステップワークシート(目標設定用紙・自己分析用紙・練習日誌用紙など)を使い、各プログラムを履修者が自己向上のために学んでいきます。場面によっては、視覚教材を活用して行います。
 メンタルトレーニングは、年代別やそれぞれの環境で気をつけなければならない点もありますので、それらについても学びます。
 履修者自らの「メンタルトレーニング」であるということを踏まえ、積極的な授業参加が必要になります。
授業の方法
 [講義]
授業計画
1.
ガイダンス:(講義、評価の方法)
2.
メンタルトレーニングの基礎知識 ①心・技・体
3.
メンタルトレーニングの基礎知識 ②原点・歴史
4.
メンタルトレーニングの流れと基本用語
5.
自己分析・目的と効果
6.
やる気を高める・目標設定
7.
リラクセーション・サイキングアップ
8.
セルフコントロール (自己分析シート) ・レポート①
9.
フロー・イメージトレーニング
10.
集中力・プラス思考
11.
セルフトーク・サイキアウト・コミュニケーション
12.
セルフコンディショニング・テクニック
13.
年代別で気をつけたいこと
14.
関係性で気をつけたいこと
15.
総括:テスト、レポート②
成績評価の方法・基準
 平常点・コメント票の内容(40%)、課題・レポート(20%)、テスト(40%)により総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
 教科書はありません。授業用資料を適宜配布します。
 基礎から学ぶ!メンタルトレーニング:出版社)ベースボールマガジン社
 今すぐ使える!メンタルトレーニング:出版社)ベースボールマガジン社
履修上の留意点
 本科目は、健康福祉マネジメント学科専門科目に位置づけられています。
事前準備学習・その他
事前準備:1年次に「日常生活と健康」「スポーツと健康」の履修者は、配布資料を再度見直して自己実現についての復習をし、受講してください。
事後学習:修得したマインドやスキルを、自らが直面する課題や問題解決に役立ててください。