HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
スポーツマネジメント論Ⅰ 3 前期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(かとう みつひこ) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
加藤 三彦
授業の目標 - 到達目標-
 2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催が決定し、健康領域を含むスポーツビジネスは、成長産業の1つとして世の中が認めつつあります。
 本科目では、スポーツ産業に関連する基礎知識の修得に努め、スポーツ市場のメカニズムに関する理解を深めることを目標とします。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 本授業「スポーツマネジメント論Ⅰ」は、基礎、基本編として捉えています。
 スポーツ産業に関連した基礎知識や基本的な考え方を学んでいきます。後期に開講する「スポーツマネジメント論Ⅱ」も合わせて受講していただきたいと思います。
 また、「総合演習Ⅰ (スポーツイベント)」や「総合演習Ⅰ ( 集団的スポーツ)」を既に受講した学生にとっては、その演習で経験したプロジェクトをさらに裏付ける体系的な学びとなります。
授業の内容・講義手法の概要
 はじめに、スポーツを動かす力について学んでいきます。スポーツマネジメントの基礎知識については、国際的比較をもとに、スポーツ文化のちがいやマネジメントタイプについて取り上げます。スポーツマネジメントに欠かすことのできない、学校・行政・地域・企業・スポンサー等の連携についても学んでいきます。
 スポーツ組織の仕事やスポーツ市場のメカニズムについては、具体的な事例を取り上げていきます。また、視聴覚教材等を用いて学んでいきます。
授業の方法
 [講義]
授業計画
1.
ガイダンス:(講義、評価の方法)
2.
スポーツとは何か
3.
マネジメントとは何か
4.
スポーツマネジメントとは何か
5.
スポーツ文化のちがいとマネジメントタイプ
6.
スポーツイノベーションの発生・普及
7.
スポーツマネジメントとネットワーク
8.
前半まとめ(中間テスト・レポート①)
9.
スポーツビジネス(スポーツ資源を活かす)
10.
スポーツマーケティング(スポーツサービスを供給する)
11.
スポーツオペレーション(スポーツ活動をつくる)
12.
スポーツ市場のメカニズム1(生産者と消費者)
13.
スポーツ市場のメカニズム2(購買プロセス)
14.
スポーツ市場のメカニズム3(消費心理とブランド)
15.
総括:テスト・レポート②
成績評価の方法・基準
 平常点・コメント票の内容(40%)、課題・レポート(20%)、テスト(40%)、により総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
 教科書はありません。授業用資料を適宜配布します。
 図解 スポーツマネジメント:出版社)大修館書店
 スポーツビジネス叢書 スポーツマネジメント:出版社)大修館書店  他
履修上の留意点
 興味のあるスポーツ報道(新聞・テレビ・インターネットなど)からの情報を収集し、その裏にあるスポーツビジネスの仕組みや成り立ち、またはマネジメントを考える習慣を身につけてください。
事前準備学習・その他
事前準備:科目・関連テーマの情報収集・情報整理・情報分析をしておいてください。
事後学習:修得した知識をもとに、今後起こりえる様々な問題や課題解決に、そのマネジメント知識を活用してくれることを期待しています。