HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
健康管理論 3 前期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(まつしま まさひろ) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
松島 眞浩
授業の目標 - 到達目標-
 健康に関する理解を、個人に対する疾病(病気)や健康づくりの問題としてだけでなく、集団の健康問題や社会的な健康政策などの面からも学習することで、医学・生物学的な視点とともに社会的な面からも理解ができることを目標としています。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 健康や医療、福祉の問題は、今では世界的に社会や国家制度に関わる大きな問題となっています。この講義では、健康の考え方と、健康に関連する疾病(病気)や生活習慣、健康増進活動などについて幅広く学ぶことで、現代社会における健康問題について基本的な知識を得ることを目指します。
授業の内容・講義手法の概要
 健康の概念についてまず学習してから、健康問題の現状をさまざまな健康指標や、生活習慣、疾病(病気)との関連から学びます。また健康増進活動の事例や健康管理の方法や健康政策についても学びます。基本的にテキストを使用して系統的な学習が出来るように説明をしますが、学生の提出レポートや発表を利用した学習方法も取り入れます。
授業の方法
 講義、演習
授業計画
1.
導入〜講義、評価の方法及び科目の特徴
2.
健康とは−健康の定義と健康観−
3.
健康増進と疾病(病気)の予防
4.
健康の指標−人口、死因と平均寿命−
5.
高齢化社会と健康寿命
6.
ヘルスプロモーション−健康増進活動と施策−
7.
世界と日本の健康増進活動
8.
健康と生活習慣
9.
栄養と食生活、運動と体力づくり
10.
ストレスと休養・睡眠、喫煙・飲酒の健康影響
11.
健康と病気−生活習慣病とメタボリック・シンドローム−
12.
運動機能とロコモティブ・シンドローム
13.
健康管理の方法と対策−健康教育と健康相談−
14.
地域保健活動と健康増進、健康情報
15.
まとめ
成績評価の方法・基準
 講義にあたり出席回数について評価(15-30%)するとともに。学生の発表、提出課題や小テストの評価(30-45%)を加味しながら、本試験(45-60%)を主に総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
 学生のための健康管理学 改訂2版(南山堂、2012年)
履修上の留意点
 健康と関連する事項について基本的な内容から説明しますが、1、2年次に学習した科目と関連がありますので、より専門的な問題意識や医療・福祉に関する問題意識を持って学習する姿勢を持ってください。
事前準備学習・その他
 特段の事前・事後学習は要求しませんが、講義内容の理解を進めるために小テストの実施や課題の提出などを実施しますので、そのためには必要な事前学習・事後学習をしてください。また日常生活の中では、新聞やTV、インターネットなどの報道で病気や健康の問題が取り上げられたときに関心を持つようにしてください。