HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
ヘルスケアビジネス論 3 前期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(うちだ とおる) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。
内田 亨
授業の目標 - 到達目標-
 本講義は、企業・組織を通して、ヘルスケアビジネスに関する現状・将来を概観します。本講義を履修することで、ヘルスケアビジネスにおける課題・将来性を経営学的視点から分析し、考える力を身に付けることができるようにします。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 本講義は、ヘルスケアビジネスにまつわる事象、専門用語、企業・組織、の基本を学び、学科専門の主要科目の位置づけです。
 経営学的視点で、上記の事例を分析・考察していくので、他の経営学関係の科目で修得した知識・手法を適用していきます。
 また、本講義によって、就職活動に必要となる業界研究・企業研究の仕方も学ぶことができるので、キャリア開発とも関連性があります。
授業の内容・講義手法の概要
 本講義では、「ヘルスケアとは何か」をしっかりとおさえた上で、「医」と「食」を中心にサービス産業に展開して、講義中心で行います。
 また、ヘルスケア関連企業の事例をとりあげ、具体的なサービス提供方法、経営手法などを学びます。授業中、学生に質問をしますので、いつでもこたえられるように、集中して聴いてください。
授業の方法
 講義
授業計画
1.
オリエンテーション、ヘルスケア産業の概観
2.
食品関連産業 食品メーカーの事例
3.
食品関連産業 スーパーマーケットの事例
4.
食品関連産業の小括
5.
医療関連産業 医薬品企業の事例
6.
医療関連産業 試薬品企業の事例、
7.
医療関連産業 ドラッグストアの事例
8.
医療関連産業の小括
9.
IT産業 IT企業の事例
10.
健康診断関連産業 健康診断企業の事例
11.
IT産業および健康診断関連産業の小括
12.
他業界からヘルスケアビジネスへの転換 ホテル業の事例
13.
他業界からヘルスケアビジネスへの転換 飲料水企業の事例
14.
他業界からヘルスケアビジネスの小括
15.
全体のまとめとヘルスケアビジネスの可能性
成績評価の方法・基準
 平常点・コメント票の内容(45%)、課題・レポート(55%)により総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
教科書:とくにありません。教員が資料を配布します。
参考文献:授業中にその都度、紹介します。
履修上の留意点
 レポートは論文形式です。論理的な文章をきちんと書けるよう準備しておいてください。ここで言う「論文」とは、自分自身のオリジナルな主張を書くことです。
そして、その主張を正当化するために、データ収集、分析、考察によって導きます。
事前準備学習・その他
事前準備:授業理解が深まるよう配布資料を予習して受講してください。
事後学習:授業で学んだ内容について振り返るとともに、関連した知識、興味事項などを書籍やネットで調べてみてください。また事後課題を課した場合は指示通り行ってください。