HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
健康科学論(読替:健康科学概論) 3 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(いしやま のぶお) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
石山 信男
授業の目標 - 到達目標-
 健康科学論を“ 健康づくり”をキーワードとして授業を展開します。本授業では、疾病を予防し、人々の健康を保持・増進させていくために活用される科学的な手法を学ぶとともに、「人々の健康づくりにどのように貢献できるのか」について考える機会を提供しながら講義を進めていきます。また、運動・スポーツ活動が疾病を予防し、人々の健康を保持増進させていくために活用される手法と基本的な知識の習得も図ります。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 当該科目は、健康づくり施策概論、運動生理学、運動プログラムの立案などの領域から、“ 健康づくり” に必要となる知識を習得していきます。ヒトは健康であることを当たり前のように享受していますが、それが如何に意味深いことなのかを知ることが大きな学習の意義です。国民のための健康づくり施策である「健康日本21」の目標を知り、健康の維持・増進を図るためいかなる手法を用いればよいか、について理解を深めます。
授業の内容・講義手法の概要
1. 健康づくりを担う者の役割とニーズまたはトッピックスに関して
2. 主たる課題の講義(質疑応答含む)
3. 知識習得度テスト(解答・解説を含む)
授業の方法
 講義
授業計画
1.
オリエンテーション 講義概要
2.
健康とは(定義、健康増進の概念、健康づくりの施策)
3.
運動と筋・骨格系
4.
運動とエネルギー代謝
5.
運動と呼吸・循環器系
6.
発育と発達
7.
ライフスタイル(生活習慣病)
8.
ウェイトコントロール
9.
食生活
10.
飲酒・喫煙
11.
スポーツ現場でのコンディショニング
12.
薬物使用(ドーピングコントロール)
13.
トレーニングの原則
14.
体力テスト・機能チェック
15.
総括
成績評価の方法・基準
 授業への参加度(発表・意見など)40%、毎回授業時のコメントカード45%、レポート15%とし総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
指定教科書:なし(担当講師が資料を準備)
履修上の留意点
 厚生労働省もしくは公益財団法人健康・体力づくり事業財団のホームページにある「健康づくり」に関する情報を週に1度は目を通してください。
事前準備学習・その他
 健康に関わるキーワード(運動,栄養,休養など)につき情報提供ができるようにしておいてください。