HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
ピアヘルピング 2 前期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(かねこ あきよ) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
金子 章予
授業の目標 - 到達目標-
 「ピアヘルピング」の言語的意味は、「仲間同士の助け合い」です。「ピアヘルピング」とはカウンセリングの大衆版です。カウンセリングの基礎知識を学習することにより、ピアヘルピングの知識を身につけることを目標としています。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 本科目は、カウンセリング心理学の入門編です。基本的なカウンセリング知識を習得します。
 ピアヘルピングスキルを日常の問題に応用できるように演習する科目として、後期に、「ピアヘルピング演習」が用意されています。
授業の内容・講義手法の概要
 ピアヘルピングに必要なカウンセリングの基礎知識を習得します。
授業の方法
 講義を主体としますが、適宜演習も取り入れます。
授業計画
1.
オリエンテーション
「ピアヘルパーとは何か」「ピアヘルピングとは何か」、ピアヘルパー認定試験の紹介
2.
構成的グループエンカウンターの実践と思想
3.
カウンセリングの定義・歴史・現代的意義
4.
カウンセリングの種類・関係領域
5.
ピアヘルピングのプロセス、ピアヘルパーのパーソナリティ
6.
カウンセリングの動向
7.
ピアヘルピングの言語的技法
8.
ピアヘルピングの非言語的技法、対話上の諸問題への対処法
9.
問題への対処法
10.
ピアヘルパーの心構え・上達法
11.
ピアヘルパーの活動許容範囲と留意点(1)
12.
ピアヘルパーの活動許容範囲と留意点(2)
13.
ピアヘルパーの活動許容範囲と留意点(3)
14.
ピアヘルパー認定模擬試験
15.
まとめ
成績評価の方法・基準
 授業参画度(50%)、課題(20%)、試験(30%)により総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
 日本教育カウンセラー協会編『ピアヘルパーハンドブック』図書文化、2001年.
履修上の留意点
 ピアヘルパーの思想を授業中・授業以外においても実践してください。なお、基本的には、日本教育カウンセラー協会認定ピアヘルパー試験を受験することが前提となっています。
事前準備学習・その他
 授業で習ったことを日常生活で応用することが義務付けられています。