HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
ピアヘルピング演習 2 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(かねこ あきよ) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
金子 章予
授業の目標 - 到達目標-
 「ピアヘルピング」で学んだ知識を実際にロールプレイ(寸劇法)や生活の中で応用することにより、ピアヘルピングのスキルを身につけることを目標としています。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 本科目は、「カウンセリング」の一つである「ピアヘルピング」の演習授業です。
「カウンセリング心理学」および「ピアヘルピング」の応用と考えてください。
授業の内容・講義手法の概要
 ピアヘルピングに必要なカウンセリングの基礎知識とスキルを習得し、誰もが出遭う人生上の問題に対処できるように、簡単な講義の後にロールプレイを行います。
授業の方法
 演習を主体とします。
授業計画
1.
オリエンテーション
「ピアヘルパーとは何か」「ピアヘルピングとは何か」、ピアヘルパー認定試験の紹介
2.
リチュアルのエクササイズ
3.
インタビュー・他者紹介
4.
リーダーの心得
5.
ピアヘルピングのプロセスと技法
6.
「受容」の練習(1)
7.
「受容」の練習(2)
8.
「繰り返し」の練習(1)
9.
「繰り返し」の練習(2)
10.
「明確化」の練習
11.
「質問」の練習
12.
論理療法、総合練習
13.
交流分析、総合練習
14.
青年期の課題とピアヘルパーの留意点
15.
まとめ・実技試験
成績評価の方法・基準
 積極的姿勢・発言やロールプレイへの取り組み等の授業参画度(30%)・実技試験(20%)・筆記試験(50%)を総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
 日本教育カウンセラー協会編『ピアヘルパーワークブック』図書文化、2001年.
履修上の留意点
 ピアヘルパーの思想を授業中・授業以外においても実践してください。なお、基本的には、日本教育カウンセラー協会認定ピアヘルパー試験を受験することが前提となっています。
事前準備学習・その他
 授業で習ったことを日常生活で応用することが義務付けられています。