HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
セラピー論 2 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(やまもと こうた) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。または、授業の初回時に連絡します。
山本 耕太
授業の目標 - 到達目標-
・セラピーの定義、歴史的背景を学ぶこと。
・代表的なセラピーの理論とその実践について理解すること。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 ストレスフルな現代社会において、人を「癒す」セラピーはより身近なものになってきています。しかしセラピーといっても理論背景や実践方法は多様です。これら様々なセラピーの定義や背景、理論と実践を概論的に理解していくことによって、各セラピーの専門的な講義への基盤を築きます。
授業の内容・講義手法の概要
 本授業ではまずセラピーの定義について考え、次に様々なセラピーの理論的背景とその実践について、概論的に学びます。これらを通して、セラピーの定義や歴史的背景と、各種セラピーの理論や実践について幅広く学びます。講義手法は、講義形式とグループで行うワークを織り交ぜながら進めていきます。
授業の方法
 講義
授業計画
1.
オリエンテーション(授業の進め方、評価方法などについて)
2.
セラピーの定義と歴史的背景(セラピーとはどのようなもので、どうのように成立したか)
3.
セラピーの種類とその資格①(国家資格)
4.
セラピーの種類とその資格①(学会等の認定資格)
5.
代表的なセラピーの概論①(理学療法と作業療法)
6.
代表的なセラピーの概論②(アニマルセラピーとアロマセラピー)
7.
代表的なセラピーの概論③(音楽療法と芸術療法)
8.
グループワーク①
9.
心理療法(サイコセラピー)の歴史と展開
10.
心理療法の理論と実践①(精神分析、行動療法、認知行動療法)
11.
心理療法の理論と実践②(来談者中心療法、その他の心理療法)
12.
身近にあるセラピーの類似物とセラピーの相違点
13.
グループワーク②
14.
セラピーの現状と今後の展開
15.
振り返りとまとめ
成績評価の方法・基準
 授業内小レポート(30%)、平常点(30%)、最終レポート(40%)の割合で総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
 教科書の指定はありません。
 参考文献は適宜指示します。また、資料を適宜配布します。
履修上の留意点
 今後、各セラピーの講義を受講しようと考えている学生は、その概論的講義として、本講義を受講することが望ましいです。
事前準備学習・その他
 特定のセラピーに興味のある学生や、講義の中で取り上げたセラピーに関心を持った学生、資格取得を目指す学生は、その領域について専門書や学術誌等で学習してください。