HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
コミュニティ心理学(読替:メンタルケア論) 3 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(さくらい えりこ) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
櫻井 恵里子
授業の目標 - 到達目標-
 コミュニティ心理学の基本的視点とそれに基づいた各種介入方法について具体的に説明することができる。また個人のウェルビーイング促進のためのプログラムの開発と評価方法がわかることを目標とします。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 本講義では、個人だけでなく個人を取り巻く様々なコミュニティ(家族・学校・職場・地域など) における人間行動を心理学の視点から捉えたコミュニティ心理学についての理解を深めます。コミュニティ心理学は人間と環境の適合性を高めることを重要視する実践的な心理学分野です。コミュニティ心理学の中で重要な「予防」の概念に焦点化しプログラムを用いたコミュニティへの介入・評価方法について学びます。
授業の内容・講義手法の概要
・コミュニティ心理学的視点を学ぶ授業となります。講義形式を中心に進めていきます。講義の進行状況に応じて演習(ワーク)を組み込む予定です。
・コミュニティ心理学の領域で活躍されている実務家から具体的な活動内容を伺い理解を深める目的から外部講師を招聘いたします。
授業の方法
 講義形式と演習(ワーク)中心に進めていきます。
授業計画
1.
イントロダクション
2.
コミュニティ心理学とは何か
3.
コミュニティ心理学の視点
4.
個人とコミュニティの理解
5.
人間の多様性の理解
6.
ストレスとコーピング
7.
予防とウェルビーイングの促進① 
8.
予防とウェルビーイングの促進② 
9.
予防とウェルビーイングの促進③
10.
プログラム開発と評価①
11.
プログラム開発と評価②
12.
コミュニティ心理学アプローチの実際
13.
コミュニティ心理学の今後について
14.
グループ発表
15.
総括
成績評価の方法・基準
 講義中に配布するコメント票及び受講参加度(40% )、個人レポート(40%)、グループ発表(20%)により総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
 指定教科書は使用しませんが、参考文献に関しては、必要に応じて紹介します。
履修上の留意点
 講義中に、質問ができたり、意見が言えるなど議論への積極的な参加が望ましいです。
事前準備学習・その他
 事前準備としては興味のある援助サービスやプログラムがあると良いでしょう。
事後学習としては、講義中に紹介した文献を読むことをすすめます。