HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
社会学概論 1 前期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 全学共通・選択必修
(たなべ ただし) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。または、授業の初回時に連絡します。
田辺 忠史
授業の目標 - 到達目標-
 お互いに何らかの関係をもって暮らしている人々の集まりである「社会」のしくみを学びます。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 社会学は、私たちの普段の行為や人間関係を出発点として、世の中のしくみを解明しようとします。したがって、「自分とはどんな存在であるのか、他者とどんな関係にあるのか、家族・学校・会社・国家などの集団とどんな関係にあるのか、集団と集団の関係はどうなっているのか」などを探求する学問です。
授業の内容・講義手法の概要
 この講義では、まず、普段当たり前すぎて考えることもない(自明な)事実から考え始ます。「なぜ、他者とのコミュニケーションが成り立つんだろう?」「わたしってだれ?じぶんってなに?」「わたしはあなたにとってなに?」といったことから「他人と暮らすこと」を考えます。
 私たちが他者と関係を結ぶことで「社会」は成り立つわけですが、逆に、私たちは社会から様々な影響や規制を受けます。そうした私たちを「型取る」集団や社会について考えます。さらに、「共同体」「市民社会」「国家」といった大きな(マクロ)枠組みで「社会」を考えます。
授業の方法
 講義
授業計画
1.
イントロダクション − 現代社会について考える
2.
社会学の基本概念Ⅰ(地位・役割)
3.
社会学の基本概念Ⅱ(社会的相互行為)
4.
どうしてわかりあえるか − 相互主観性
5.
わたしがわたしらしくあること − アイデンティティ
6.
スティグマ
7.
正常と異常
8.
予言の自己成就
9.
社会構築主義
10.
規範と制度
11.
構造と機能
12.
社会の中の権力
13.
不平等と正義
14.
共同体
15.
国家と市民社会
成績評価の方法・基準
 コメント票・課題(50%)と学期末レポート(50%)で評価を行います。
指定教科書、参考文献など
 友枝 他『社会学のエッセンス』有斐閣 リザーブブックあり。
履修上の留意点
 講義で提示される概念や考え方を日常生活にあてはめて考えよう。
事前準備学習・その他
 事前の課題とまとめ・用語の復習をきちんと行ってください。