HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要
区分
健康の理解 単 位
必修
科目名

病態治療学Ⅲ(小児・母性系)

1
担当者
(小児系)泉 裕之[兼任]
(母性系)長井 智則[兼任]
配 当
2
開 講
前期
授業形態
演習
授業の概要
(小児系)小児期にみられる疾患は、小児期特有の急性疾患から成人期まで移行する慢性疾患まで多種多様である。
小児看護を修得するに当たり、小児における主要な疾患についてその病態生理、診断へのアプローチ、治療・管理の概要を学習し、如何に最善の小児看護を提供するかについて考える。
(母性系)生殖医療や妊娠・分娩・産褥・新生児の異常など母性特有の病態・診断・治療の概要について学修する。
到達目標
(小児系)小児における主要な疾患についてその病態生理、診断へのアプローチ、治療・管理の概要を修得する。
(母性系)生殖医療や妊娠・分娩・産褥・新生児の異常など、母性特有の病態・診断・治療の概要について正しく理解する。
授業計画
小児系
第1回
感染症 事前学習(90分)テキスト「感染症と看護 B.おもな疾患」の項目を熟読しておく。
事後学習(90分)授業で説明した疾患を中心に、資料・テキストを参考に復習をする。
第2回
呼吸器疾患、アレルギー疾患 事前学習(90分)テキスト「呼吸器疾患と看護 B.おもな疾患」、「免疫疾患・アレルギー性疾患・リウマチ性疾患と看護 B.おもな疾患」の項目を熟読しておく。
事後学習(90分)授業で説明した疾患を中心に、資料・テキストを参考に復習をする。
第3回
循環器疾患、血液・腫瘍疾患 事前学習(90分)テキスト「循環器疾患と看護 B.おもな疾患」、「血液・造血器疾患と看護 B.おもな疾患」、「悪性新生物と看護 B.おもな疾患」の項目を熟読しておく。
事後学習(90分)授業で説明した疾患を中心に、資料・テキストを参考に復習をする。
第4回
腎疾患、消化器疾患 事前学習(90分)テキスト「消化器疾患と看護 B.おもな疾患」、「腎・泌尿器および生殖器疾患と看護 B.おもな疾患」の項目を熟読しておく。
事後学習(90分)授業で説明した疾患を中心に、資料・テキストを参考に復習をする。
第5回
内分泌疾患 事前学習(90分)テキスト「内分泌疾患と看護 B.おもな疾患」の項目を熟読しておく。
事後学習(90分)授業で説明した疾患を中心に、資料・テキストを参考に復習をする。
第6回
代謝疾患、糖尿病 事前学習(90分)テキスト「代謝性疾患と看護 B.おもな疾患」の項目を熟読しておく。
事後学習(90分)授業で説明した疾患を中心に、資料・テキストを参考に復習をする。
第7回
先天異常、染色体異常 事前学習(90分)テキスト「染色体異常・胎内環境により発症する先天異常と看護 B.おもな疾患」の項目を熟読しておく。
事後学習(90分)授業で説明した疾患を中心に、資料・テキストを参考に復習をする。
第8回
神経・筋・運動器疾患(発達障害含む) 事前学習(90分)テキスト「神経疾患と看護 B.おもな疾患」、「運動器疾患と看護 B.おもな疾患」、「精神疾患と看護 B.おもな疾患 ①総論 ②発達障害」の項目を熟読しておく。
事後学習(90分)授業で説明した疾患を中心に、資料・テキストを参考に復習をする。
母性系
第1回
遺伝相談
遺伝相談とは、出生前と着床前診断、出生前診断の実際、胎児治療と遺伝子治療
事前学習(90分)テキスト「B.遺伝相談」の項目を読み、重要だと思う箇所にマークをつけておく。 
事後学習(90分)授業で使った資料、テキストを参考に復習する。関連する国家試験問題を解き、理解できたかの確認をする。
第2回
不妊生殖医療
不妊とその原因、不妊検査、不妊治療の実際、
事前学習(90分)テキスト「C.不妊治療と看護」の項目を読み、重要だと思う箇所にマークをつけておく。妊娠の成立について調べておく。
事後学習(90分)授業で使った資料、テキストを参考に復習する。関連する国家試験問題を解き、理解できたかの確認をする。
第3回
妊娠の異常
ハイリスク妊娠、妊娠に合併する全身疾患、妊娠期の感染症、多胎妊娠、妊娠持続期間の異常、異所性妊娠、既往妊娠分娩の異常
事前学習(90分)テキスト「A.妊娠期の身体的特性」の項目を読み、生理的な妊娠経過について学習しておく。「A.妊娠の異常と看護」の項目を読み、重要だと思う箇所にマークをつけておく。
事後学習(90分)授業で使った資料、テキストを参考に復習する。関連する国家試験問題を解き、理解できたかの確認をする。
第4回
分娩の異常(1)
産道の異常、娩出力の異常、胎児の異常、胎児付属物の異常、胎児機能不全、
事前学習(180分)テキスト「A分娩の要素 B.分娩の経過」の項目を読み、生理的な分娩について学習しておく。「B分娩の異常と看護」の項目を読み重要だと思う箇所にマークをつけておく。
事後学習(180分)授業で使った資料、テキストを参考に復習する。関連する国家試験問題を解き、理解できたかの確認をする。
第5回
分娩の異常(2)
分娩時の損傷、分娩時の出血産科処置、産科手術、帝王切開術、骨盤位分娩
第6回
産褥の異常
子宮復古不全、産褥期の発熱、産褥血栓症、産褥期の精神障害
事前学習(90分)テキスト「A産褥経過」の項目を読み、生理的な産褥経過について学習しておく。「D.産褥の異常と看護」の項目を読み、重要だと思う箇所にマークをつけておく。
事後学習(90分)授業で使った資料、テキストを参考に復習する。関連する国家試験問題を解き、理解できたかの確認をする。
第7回
新生児の異常
新生児仮死、分娩外傷、未熟性に基づく異常、適応障害に基づく異常、(低出生体重児)、高ビリルビン血症、
事前学習(90分)テキスト「A.新生児の生理」の項目を読み、新生児の機能と子宮外適応過程について学習しておく。「C.新生児の異常と看護」の項目を読み、重要だと思う箇所にマークをつけておく。
事後学習(90分)授業で使った資料、テキストを参考に復習する。関連する国家試験問題を解き、理解できたかの確認をする。
成績評価と基準
(小児系)授業参加度:40%、筆記試験:60%
(母性系)授業参加度:40%、筆記試験:60%
履修上の注意
(小児系)単なる講義の聴講ではなく、小児看護に興味を持ち、積極的な授業への参加を期待する。
(母性系)生理的な経過に関する自己学習をしておくこと。積極的な学修への参加を期待する。
教科書
(小児系)小児看護学[2]小児臨床看護学各論、医学書院、東京、2015
(母性系)系統看護学講座 専門分野II 母性看護学各論 母性看護学[2]、医学書院、東京
参考書・参考資料等
(小児系)ナースのための小児の病態生理辞典、ヘルス出版、東京、2009 他
(母性系)周産期の母児管理(南山堂,東京)
Williams Obstetrics(Mc Graw Hill)
オフィスアワー
授業開始前または終了時に、教室や講師控室にて担当科目に関する質問を受け付けます。