HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要
区分
支援基礎看護分野 単 位
必修
科目名

看護理論

1
担当者
山田 秀樹[専任] 配 当
2
開 講
後期
授業形態
講義
授業の概要
 看護および看護学の歴史を概観して、理論構築のプロセスと看護理論の構造について理解し、実践領域の理論である看護理論が看護・看護学に果たす使命と役割について学ぶ。本科目では、看護理論について看護現象とのつながりにおいて理解を深めながら、理論による課題解決の有用性を確認し、看護実践上の課題を理論的に解き明かすことのできる頭づくりを目指して学修する。
到達目標
1)看護・看護学の原点を確認し、看護実践と看護理論との関係について理解する。
2)実践領域の理論の特徴をおさえ、“理論とは”“看護理論とは”について理解する。
3)科学一般の形成・発展過程をふまえ、看護理論構築のプロセスを辿り理論としての構造を理解する。
4)看護実践の特徴をふまえ、看護・看護学の歴史を概観しながら看護理論の特徴を理解する。
5)看護するために必要な原理・基礎理論の存在に目を向けて実践することの意味を理解し、看護するために理論枠をもつ有用性を考える。
6)理論を使う頭の働かせ方を確認し、実際に看護理論を使って自らの看護実践上の課題を解き明かし、理論的思考の基礎を身につける。
7)看護者として、どのような現象も自らの頭で考えていけるために、相手への思いを看護にしていけるために、看護理論をもつことの意義について考える。
授業計画
第1回
1)科目オリエンテーション 〜科目の概要・位置づけ
2)看護理論とは
3)看護の原点と看護学の原点
4)看護実践と看護理論
5)看護理論の必要条件
【事前学習】
■1年次および2年次前期に学習した専門基礎科目と専門科目、特に基礎ゼミナール、看護学概論、基礎看護実習、看護過程の中で触れてきた看護理論や理論的思考について、看護実践上の課題についてなどをふり返り、本科目の学修に意図的に用いられるよう、準備をしておくこと。

【各回の課題や宿題】
■各回授業の中でグループや個人の課題として取り組んだことの継続や仕上げのための事後課題、授業内で取り上げたことや次回への準備として示された宿題については、取り組まれたことを前提に進める(次回参加の必須条件)。

【事後レポート】
■全授業回終了後に筆記試験相当のレポートを設定する。本科目の学びを整理して履修前後の変化を具体的にふり返って、学修の成果を自己評価したり、看護者としての自らの認識(看護観)の変化を問い確認したりして、成果と課題を明確にしておくこと。
第2回
1)理論とは、実践領域の理論とは
2)看護理論の必要条件
3)学問・科学一般の発展、看護学の発展
4)理論の形成・発展過程
5)理論の構造、帰納法と演繹法
第3回
1)看護の特殊性と看護という専門分野の特徴
2)看護理論は看護の何を確かにするか
3)対象論・目的論・方法論
4)認識論と看護実践過程(現象−認識−表現)について
5)看護理論と看護観
第4回
1)看護・看護学の歴史と看護理論の形成・発展
2)看護理論と原理・基礎理論
3)自然界と看護、自然界と人間
4)自然科学と看護学
5)原理・基礎理論をみつめて理論を理解する①
第5回
1)原理・基礎理論をみつめて理論を理解する②
 ・F.Nightingale
 ・V.Henderson
2)現象−認識−表現の構造と看護理論の伝わりの特徴
3)看護理論からの貰い受け方 〜原著と翻訳、分類、解説
第6回
1)グループで看護理論を使って看護実践上の課題を解き明かす①
 ・自らの看護実践上の疑問や問題を挙げ現象を整理
 ・疑問や問題の焦点をふまえ理論をどう使うかを検討
 ・理論を使うことで現象の意味や変化・関係のとらえ方を分析
 ・理論を意識的に使う前と後の変化について分かったことを考察
第7回
1)グループで看護理論を使って看護実践上の課題を解き明かす②
 ・グループワークの成果を全体発表
 ・全体発表をふまえてのふり返り
第8回
1)看護理論の構造的な分析と今後の看護理論の学び方
2)科学として看護学の必要条件と看護理論の妥当性
3)現象から抽象された理論で現象をみつめ進み方を導く
4)看護理論の学修と看護者としての自らの認識の変化について
成績評価と基準
個人課題・レポート70%、授業およびグループ学習への参加姿勢・成果発表30%
以上の関連をふまえつつ総合して学修を評価する。
履修上の注意
本科目では、理論について理解し、理論的な「頭の働かせ方を学ぶ」ことで、よい看護を目指していける専門家の認識を形づくり発展させていくよう学修する。「頭の働かせ方を学ぶ」ために、個人ワークとグループワークを活用した双方向授業を軸に授業を展開していくので、自身の頭を意識的に働かせて、他者の感じ方・考え方からもつかみ取りながら学びを進めよう。
各回の課題や宿題には、看護者として自身のこれからの看護によい成果を出すことを目指して、既修の学びとつながりを持たせたり、新たに抱いた疑問に向き合ったりして取り組んでほしい。
教科書
1)三瓶眞貴子:新体系の看護理論 看護学矛盾論− unification −第2版、金芳堂、2012
2)V.Henderson;湯槇ます、他訳:看護の基本となるもの 新装版、日本看護協会出版会、2006
3)F.Nightingale;湯槇ます、他訳:看護覚え書−看護であること看護でないこと 改訳第7版、現代社、2011
他、必要時に資料配付する。
参考書・参考資料等
1)三瓶眞貴子・山田秀樹:基礎看護学resume 集−看護理論編−、ブイツーソリューション、2006
2)筒井真優美編:看護理論家の業績と理論評価、医学書院、2015.
3)筒井真優美編:看護理論−看護理論20 の理解と実践への応用 改訂第2版、南江堂、2015
他、随時紹介する。関連科目のテキストや資料を活用するとともに、各自で必要に応じて文献に当たること。
オフィスアワー
水曜日12:30〜13:30