HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要
区分
支援基礎看護分野 単 位
必修
科目名

看護倫理

1
担当者
北浦 暁子[兼任] 配 当
2
開 講
後期
授業形態
講義
授業の概要
看護における倫理的実践に必要な諸概念(意思決定、アドボカシー、責務と責任、ケアリング、協働など)を理解し、看護倫理とは何かについて学ぶ。
さらに、看護実践の場における倫理的問題への理解を深め、倫理的意思決定のための基本的能力を身につける。
到達目標
看護倫理に関する基礎的知識を理解する
看護活動における倫理的意思決定の方法を理解する
医療・看護に関わる問題について事例を通して思考を深める
授業計画
第1回
【倫理の基礎】
価値、倫理的問題についての基本理解をすすめる。
○看護倫理の基礎 
次回までの事前課題と事後課題内容は、講義初回及び各講義開始時に資料とともに提示する。
第2回
【看護倫理の歴史的推移】
<徳の倫理>から<原則の倫理>への移行過程
○倫理綱領
同上
第3回
【看護倫理のアプローチ①】
良い看護とは何かを考える。<徳の倫理>問題点と課題の理解
【看護倫理のアプローチ②】
<原則の倫理>の理解。看護専門職の倫理的判断と説明原則
同上
第4回
【看護倫理に関係する重要なことば】 キーワードの理解
①ケアリング②専門職③患者中心の看護④アドボカシー⑤パターナリズム⑥個人の権利⑦看護職の責任⑧インフォームド・コンセント⑨守秘義務
【倫理的意思決定の方法】
同上
第5回
【看護専門職組織の役割と倫理綱領】
看護専門職としての看護活動から「看護者の倫理綱領」の意味を考える。
○グループディスカッション①
同上
第6回
第7回
【全体のまとめと復習】
○グループディスカッション②
【看護研究における倫理】
同上
第8回
成績評価と基準
成績評価は、授業参加度にレポート、コメント票などの内容を考慮して総合的に判断します。
授業参加度50%(出席状況、グループディスカッション参加姿勢)
課題レポート50%
履修上の注意
※上記スケジュールは予定ですので変更する可能性があります。
教科書
小西恵美子編:看護倫理 よい看護・よい看護師への道しるべ、南江堂、2014
参考書・参考資料等
適宜配布及び紹介します
オフィスアワー
授業開始前または終了時に、教室や講師控室にて担当科目に関する質問を受け付けます。