HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要
区分
支援基礎看護分野 単 位
必修
科目名

看護とコミュニケーション

1
担当者
仙田 志津代[専任] 配 当
1
開 講
前期
授業形態
講義
授業の概要
コミュニケーションの概念について理解し、人間関係形成におけるコミュニケーションについて知識と技法を通して学びを修得する。さらに、看護におけるコミュニケーションの重要性について看護の視点から考察する。特に、看護は人と人との相互作用を基盤に成立する。
看護の対象である人間を理解するために自分自身の理解を深め、相手の立場から理解することを、演習をとおして学ぶことを目標とする。
到達目標
1.コミュニケーションについて理解する
2.看護におけるコミュニケーションについて理解する。
3.看護の基盤である人と人との関係をコミュニケーションを通して理解する。
授業計画
第1回
1.コミュニケーションとは
1)コミュニケーションを学ぶ意味
2)コミュニケーションの本質
事前学習(90分):コミュニケーションに関連する科目の復習をする。
事後学習(90分):学習内容をまとめる。
第2回
2.看護とコミュニケーション
1)看護におけるコミュニケーション論
2)看護におけるコミュニケーション手段
事前学習(90分):前回の学習内容を確認する。
事後学習(90分):学習内容をまとめる。
第3回
3.他者を理解することを可能にするコミュニケーション
1)相手の立場に立つこと
2)自立に関わること
3)相互作用による援助関係
事前学習(90分):教科書第を精読する。
事後学習(90分):学習内容をまとめる。授業では事例を通して学習する。
第4回
4.コミュニケーションの過程
1)コミュニケーションが成立するプロセス
2)コミュニケーションの促進と阻害の因子
事前学習(90分): 前回の学習内容を確認する。
事後学習(90分):学習内容をまとめる。
第5回
5.自己の内面の感情を言語化する
1)自己の客観視
2)看護における自己の客観視の必要性
事前学習(90分): 前回の学習内容を確認する。
事後学習(90分):学習内容をまとめる。
第6回
6.積極的傾聴とコミュニケーション
1)積極的傾聴とは
2)看護に積極的傾聴の必要な理由
事前学習(90分): 前回の学習内容を確認する。
事後学習(90分):学習内容をまとめる。
第7回
7.患者・看護師関係
1)患者―看護師関係の発展段階
2)患者―看護師関係発展関係
事前学習(90分):前回の学習内容を確認する。
事後学習(90分):学習内容をまとめる。
第8回
8.授業全体のまとめ
1)コミュニケーションとは
2)看護におけるコミュニケーションの重要性
事前学習(90分): 前回の学習内容を確認する。
事後学習(90分):学習内容をまとめる。授業では事例を通して学習する。これまでの授業から、コミュニケーションついて自分なりに考えることができる。
成績評価と基準
<レポート>
・課題は、最終回の授業で提示します。与えられた課題を講義内容の視点と絡めて深く考察しているかどうかを評価します。
・授業の取り組み、出席状況20%、授業レポート10%、最終レポート点70%とする。
履修上の注意
授業に積極的に参加し、実際に体験をとおして実感と共感を得ることで自分自身について考える機会にしてください。
教科書
 
参考書・参考資料等
授業内で適宜紹介する。
オフィスアワー
水(12:30〜13:30)