HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要
区分
支援基礎看護分野 単 位
必修
科目名

療養援助技術

2
担当者
鈴木 浩美[専任]  小寺 栄子[専任]   廣瀬 信子[専任]
山田 秀樹[専任]   桐明 輝迪[専任]  山﨑 美智子[専任]
配 当
2
開 講
前期
授業形態
演習
授業の概要
療養生活を送る人の生活の特徴と基本的ニーズについて学び、安全・安楽に診療を受けられるように援助する看護ケア技術を学修する。
到達目標
1. 療養生活を送る人の生活の特徴と基本的ニーズについて学ぶ。
2. 基本的な診療援助技術を安全・安楽に提供する方法を学ぶ。
3. 療養生活上の基本的ニーズの充足を援助する看護ケア技術を学ぶ。
授業計画
第1回
ガイダンス 事前学習(30分)シラバスをもとに学習内容を検討する
事後学習(60分)ガイダンス内容を振り返り、頭の中を整理しておく。
第2回
療養の場の特徴と看護師の役割 事前学習(90分)授業内容の予習をする
事後学習(90分)学習内容をまとめる
第3回
療養生活を送る対象者の理解 事前学習(90分)授業内容の予習をする
事後学習(90分)学習内容をまとめる
第4回
生命維持・日常生活に影響を及ぼす障害と看護とは 事前学習(90分)授業内容の予習をする
事後学習(90分)学習内容をまとめる
第5回
運動機能が障害された対象の看護(麻痺・廃用性症候群) 事前学習(90分)授業内容の予習をする
事後学習(90分)学習内容をまとめる
第6回
運動機能が障害された対象の看護(麻痺・廃用性症候群) 事前学習(90分)授業内容の予習をする
事後学習(90分)学習内容をまとめる
第7回
循環が障害された対象の看護 事前学習(90分)授業内容の予習をする
事後学習(90分)学習内容をまとめる
第8回
循環が障害された対象の看護 事前学習(90分)授業内容の予習をする
事後学習(90分)学習内容をまとめる
第9回
循環状態を改善するための技術[演習]
マッサージ、罨法
事前学習(90分)授業内容の予習をする
事後学習(90分)学習内容をまとめる
第10回
呼吸が障害された対象の看護 事前学習(90分)授業内容の予習をする
事後学習(90分)学習内容をまとめる
第11回
呼吸が障害された対象の看護 事前学習(90分)授業内容の予習をする
事後学習(90分)学習内容をまとめる
第12回
呼吸状態を改善するための技術[演習]
鼻腔内吸引、酸素吸入
事前学習(90分)授業内容の予習をする
事後学習(90分)学習内容をまとめる
第13回
呼吸状態を改善するための技術[演習]
鼻腔内吸引、酸素吸入
事前学習(90分)第12回同様
事後学習(90分)第12回同様
第14回
栄養・消化が障害された対象の看護 事前学習(90分)授業内容の予習をする
事後学習(90分)学習内容をまとめる
第15回
栄養・消化が障害された対象の看護 事前学習(90分)授業内容の予習をする
事後学習(90分)学習内容をまとめる
第16回
排泄が障害された対象の看護 事前学習(90分)授業内容の予習をする
事後学習(90分)学習内容をまとめる
第17回
排泄が障害された対象の看護 事前学習(90分)授業内容の予習をする
事後学習(90分)学習内容をまとめる
第18回
排便機能障害を改善するための技術[演習]
浣腸
事前学習(90分)授業内容の予習をする
事後学習(90分)学習内容をまとめる
第19回
排尿機能障害を改善するための技術[演習]
導尿
事前学習(90分)授業内容の予習をする
事後学習(90分)学習内容をまとめる
第20回
薬物療法を受ける対象の看護 事前学習(90分)授業内容の予習をする
事後学習(90分)学習内容をまとめる
第21回
薬物療法を受ける対象の看護 事前学習(90分)授業内容の予習をする
事後学習(90分)学習内容をまとめる
第22回
薬物療法を受ける対象の看護 事前学習(90分)授業内容の予習をする
事後学習(90分)学習内容をまとめる
第23回
注射法[演習]
筋肉注射
事前学習(90分)授業内容の予習をする
事後学習(90分)学習内容をまとめる
第24回
注射法[演習]
筋肉注射
事前学習(90分)第23回同様
事後学習(90分)第23回同様
第25回
輸液を受ける人の看護 事前学習(90分)授業内容の予習をする
事後学習(90分)学習内容をまとめる
第26回
輸液を受ける人の看護[演習] 事前学習(90分)授業内容の予習をする
事後学習(90分)学習内容をまとめる
第27回
検査を受ける対象の看護 事前学習(90分)授業内容の予習をする
事後学習(90分)学習内容をまとめる
第28回
静脈血採血[演習] 事前学習(90分)授業内容の予習をする
事後学習(90分)学習内容をまとめる
第29回
静脈血採血[演習] 事前学習(90分)第28回同様
事後学習(90分)第28回同様
第30回
検査を受ける対象の看護 事前学習(90分)授業内容の予習をする
事後学習(90分)学習内容をまとめる
成績評価と基準
課題学習20%、筆記試験80%で総合評価する。
履修上の注意
*予習・復習が前提であることを意識して授業に臨む。
*演習時の実習室利用では、実習室利用上の注意事項を遵守すること。
教科書
*任和子他著:系統看護学講座 専門分野Ⅰ 基礎看護学[3] 基礎看護技術Ⅱ第16版, 医学書院,2013.
*医療情報科学研究所編集:看護技術がみえる vol.2 臨床看護技術第1版, メディックメディア,2013.
参考書・参考資料等
 
オフィスアワー
鈴木浩美  水(12:30〜13:30) 廣瀬信子 水(12:30〜13:30) 山田秀樹 水(12:30〜13:30)
桐明輝迪 水(12:30〜13:30) 山崎美智子 水(12:30〜13:30)