HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要
区分
支援基礎看護分野 単 位
必修
科目名

看護過程論

1
担当者
山田 秀樹[専任]  小寺 栄子[専任]   廣瀬 信子[専任]
鈴木 浩美[専任]   桐明 輝迪[専任]  山﨑 美智子[専任]
その他看護系専任教員
配 当
2
開 講
前期
授業形態
演習
授業の概要
 あらゆる対象への看護実践を導く看護実践方法論として、対象の看護の必要性を認識し対象に必要な看護を系統的に計画し実施・評価する思考の筋道を理解して、その能力を修得する。本科目では、「看護とは」何かについての原理的な理解に立ち、これにもとづく看護学的な人間の見方・とらえ方の基本をおさえながら、看護過程を展開するために必要な専門的な頭の働かせ方について学んでいく。
到達目標
 対象である人間を見つめ、その健康状態をとらえ、看護の必要性を構造的にとり出して、解決の方向性を導く、一連の思考のプロセス を原理的に理解し、看護実践方法論として意識的に適用できる能力を修得する。
 1)看護について、看護の対象である人間についての原理的な理解に立ち、人間の健康を見つめる専門的視座をおさえる。
 2)看護の過程性をふまえて、看護過程と看護実践の構造を理解する。
 3)看護過程論の骨子をつかみとり、対象への看護実践のために頭を働かせる方法論として頭の中に定着させる。
  ①看護のための対象の見つめ方と対象特性のとらえ方(看護のためのアセスメント)について学ぶ。
  ②看護上の問題のとり出し方と解決の方向性の導き方について学ぶ。
  ③系統的な計画・状況に応じた実施と評価について学ぶ。
 4)一連の思考過程を意識的に適用して事例を解き、対象への看護の必要性を明らかにしながら看護実践を導くことができる。
授業計画
第1回
1)科目オリエンテーション 〜科目の概要・位置づけ
2)看護過程とは、看護過程論=看護実践方法論とは
3)看護が持つ性質
4)看護の過程性について
5)看護のための頭を働かせる技術と体を使う技術
【事前学習】
■1年次に学習した専門基礎科目と専門科目、特に基礎看護学領域科目の看護学概論、ヘルスアセスメント Ⅰ、生活援助技術、基礎看護実習の中で感じてきた看護上の疑問や患者役としての思いなどについてふり返り、本科目の学修に意図的に用いられるよう、準備をしておくこと。

【各回の課題や宿題】
■各回授業の中でグループや個人の課題として取り組んだことの継続や仕上げのための事後課題、授業内で取り上げたことや次回への準備として示された宿題については、取り組まれたことを前提に進める(次回参加の必須条件)。

【事後レポート】
■演習の個人・グループの記録は全授業回終了後に筆記試験相当のレポートとして提出する。授業時のグループワークや発表を通じた気づきから、各自で修正までを反映して整えておくこと。
第2回
1)看護過程の形式面と内容面
2)看護理論と看護過程
3)認識論と看護過程
4)F.Nightingaleの「三重の関心」
5)看護の中に在る一貫した視点で看護の方向性を導き出せる
〜方法論としての条件
第3回
1)看護過程論の骨子
2)なぜ意識的に使うことに意義があるか 〜頭脳の段階、方法論の修得レベル
3)事例とは、自己を事例として学ぶ意義
4)現実の情報化−問題の明確化−計画立案−計画立案−実施−評価
5)現実の情報化① 全体像(現象の整理からつかむ)
第4回
1)事実−資料−情報
2)看護するための資料を得る 〜専門的視点を使う、V.Henderson14項目
3)現実の情報化② 全体像(全人的な意味をとらえる)
4)アセスメントとは 〜看護するための対象特性をとらえる
5)アセスメント・対象理解の構造、帰納法と演繹法
第5回
1)個別な反応をもとに全体像を描いた対象の位置に立つ
2)浮かび上がってきた対象への気がかりをとらえる
3)看護上の問題とは 〜対象を理論的におさえる、原理:矛盾を使う
4)問題の明確化① 〜解決を要する問題の取り出し
5)対象の看護の必要性を浮かび上がらせる
6)問題の明確化② 〜問題の構造と解決のあり方・援助の焦点をとらえる
第6回
1)計画立案 〜援助目標の設定と系統的な計画立案の具体化
2)実施−評価 〜状況に応じた実施、評価の視点
3)事例配付、事例への取り組み方
第7回
事例展開演習1
現実の情報化①:情報収集(全体像:現象の整理)
*個人作業・グループワーク
第8回
事例展開演習2
現実の情報化:アセスメント(全体像:全人的なアセスメント)
*個人作業・グループワーク
第9回
事例展開演習3
現実の情報化:情報収集・アセスメント(全体像)
*個人作業・グループワーク、発表
第10回
事例展開演習4
問題の明確化:看護上の問題(基本図:解決を要する問題)
*個人作業・グループワーク
第11回
事例展開演習5
問題の明確化:看護上の問題(問題の構造と解決の焦点)
*個人作業・グループワーク
第12回
事例展開演習6
問題の明確化:看護上の問題(基本図・問題の構造化)
*個人作業・グループワーク、発表
第13回
事例展開演習7
計画立案(−実施−評価):援助目標設定と計画立案
*個人作業・グループワーク
第14回
事例展開演習8
計画立案(−実施−評価):援助目標設定と計画立案
*個人作業・グループワーク、発表
第15回
ふり返り、実習に向けた方法論の修得のための学びのポイント
成績評価と基準
個人課題・レポート70%、授業およびグループ学習への参加姿勢・成果発表30%
以上の関連をふまえつつ総合して学修を評価する。
履修上の注意
本科目では、看護過程論について理解して事例を意識的に使いながら、頭を働かせる方法論としての修得を目指す。「頭の働かせ方」の理解と修得のために、個人ワークとグループワークを活用した双方向授業を軸に授業を展開していくので、自身の頭を意識的に働かせて、他者の感じ方・考え方からもつかみ取りながら学びを進めよう。
各回の課題や宿題は、自身の頭の中に学びを積み上げて、看護者としての気づきや理解が進んでいくために意図したものであるので、工夫して既修の学びとつながりを持たせたり、新たに抱いた疑問に向き合ったりして取り組んでほしい。
教科書
1)三瓶眞貴子:新体系の看護理論 看護学矛盾論− unification −第2版、金芳堂、2012
2)V.Henderson;湯槇ます、他訳:看護の基本となるもの 新装版、日本看護協会出版会、2006
3)薄井坦子:看護のための疾病論 ナースが視る病気、講談社、1994
他、必要時に資料配付する。
参考書・参考資料等
1)金川克子、天津栄子編:わかる・使える看護過程 基礎知識と実践展開へのアプローチ、中央法規、2002
2)三瓶眞貴子、山田秀樹:基礎看護学resume集−看護理論編−、ブイツーソリューション、2006
他、随時紹介する。関連科目のテキスト・資料を活用するとともに、各自で必要に応じて文献に当たること。
オフィスアワー
山田秀樹 水曜日12:30〜13:30、小寺栄子 水曜日12:30〜13:30、廣瀬信子 水曜日12:30〜13:30、
鈴木浩美 水曜日12:30〜13:30、桐明輝迪 水曜日12:30〜13:30、山ア美智子 水曜日12:30〜13:30