HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要
区分
支援基礎看護分野 単 位
選択
科目名

看護援助実習

2
担当者
山田 秀樹[専任]  小寺 栄子[専任]  廣瀬 信子[専任]
鈴木 浩美[専任]  桐明 輝迪[専任]  山﨑 美智子[専任]
その他看護系専任教員
配 当
2
開 講
後期
授業形態
実習
授業の概要
 入院患者と援助関係を築きながら対象者を全人的に捉え、看護援助の必要性を明らかにする。その上で、対象者の個別性を踏まえた看護援助計画を立案し、安全・安楽に実施し、その結果を評価することができる。また、それらの体験を通して看護者の役割について考えることができる。
到達目標
1.コミュニケーションを通し、受け持ち患者と援助関係を築くことができる。
2.受け持ち患者を身体的・精神的・社会的側面から全人的に捉えることができる。
3.受け持ち患者に関する情報を知識や理論を用いてアセスメントし、受け持ち患者の援助の必要性と看護上の問題を明らかにすることができる。
4.受け持ち患者に必要な看護援助計画を立案し、必要な看護援助を安全・安楽・自立に配慮しながら実施し、実施した看護援助を評価・修正できる。
5.受け持ち患者への援助を通して、看護職者の役割について知る。
6.専門職にふさわしい態度で、積極的に実習に取り組むことができる。
授業計画
第1回
実習期間:平成29年9月5日〜9月16日
実習方法:
1.学内オリエンテーションと施設・グループ別オリエンテーション
2.病棟実習 8日間
1)病院オリエンテーション
(1)病院の特色、概要、組織と看護部の位置づけの説明
(2)病院の主だった部署の見学
2)病棟オリエンテーション
3)対象者1名を受け持ち、受け持ち患者と援助関係を築き、患者を身体的・精神的・社会経済的な側面から全人的に捉える。
4)受け持ち患者に必要な看護援助を明らかにし、看護援助計画を立て、実施し、評価する。
5)看護援助の見学および実施を通して、看護の役割を考える。3.学びの発表会グループで学んだことをまとめ、全体発表を通して学生間での体験を共有するとともに、対象者の理解や看護者の役割についての理解を深める。
【事前学習】
■1年次および2年次前期に学習した専門基礎科目、看護学概論、生活援助技術、ヘルスアセスメント Ⅰ・ Ⅱ、療養援助技術、看護過程の学習内容をしっかりと復習し、本実習に活かすことができるよう、準備をしておく。

■実習オリエンテーションの内容を整理・確認し、その内容の理解を確実にしておく。また、実習内容を明確にしておく。

【事後学習】
■実習記録を整理し、実習からの学びをまとめ・考察をする。また、今後の自己の学習課題を明確にする。
成績評価と基準
実習評価表に基づき、実習内容、実習記録、課題レポート、実習態度などを総合的に評価する
履修上の注意
実習時間の4/5以上の出席がなければ、評価を受けることができない。
教科書
専門科目で使用したテキスト・授業資料、看護学概論、ヘルスアセスメントⅠ・Ⅱ、生活援助技術、療養援助技術、看護過程で使用したテキスト
参考書・参考資料等
 
オフィスアワー
実習期間中、教室や研究室、実習先施設にて担当科目に関する質問を受け付けます。