HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要
区分
成育支援看護分野 単 位
必修
科目名

小児看護支援論

2
担当者
井上 寛隆[専任]   宍戸 路佳[専任]   茂手木 明美[専任] 配 当
3
開 講
前期
授業形態
演習
授業の概要
生涯発達論、病態治療学Ⅲ及び小児看護学概論における学修をふまえ、健康問題が子どもとその家族に及ぼす影響を学ぶ。 また、講義、演習をとおして、子どもの権利とは何かを考え、小児看護の対象に必要な看護支援について学ぶ。
到達目標
1.子どもの健康問題について理解することができる。
2.健康問題を抱える子どもと家族の特徴について理解できる。
3.健康問題や通院・入院、検査、処置、治療が子どもや家族に及ぼす影響について説明できる。
4.子どもの健康状態をとらえた上で、子どもの権利、成長・発達などの状況に応じた看護を考え表現することができる。
5.健康問題の経過を考えた上で、子どもと家族にとってよりよい生活を送るために必要な支援を考えることができる。
授業計画
第1回
【授業ガイダンス】授業概要・目標・提出物・成績評価について
【小児における疾病の経過と看護】 急性期にある小児と家族の看護
【子どもに起きやすい症状と看護】 発熱、脱水、嘔吐、下痢
事前学習(90分):教科書該当ページの精読。
事後学習(90分):教科書、講義内容の整理、復習。
第2回
【小児における疾病の経過と看護】
慢性期にある小児と家族の看護、終末期にある小児と家族の看護
事前学習(90分):教科書該当ページの精読。
事後学習(90分):教科書、講義内容の整理、復習。
第3回
【小児における看護過程①】
小児看護過程の特徴
事前学習(90分):教科書該当ページの精読。
事後学習(90分):教科書、講義内容の整理、復習。
第4回
【小児における看護過程②】
情報収集・整理 アセスメント
事前学習(90分):情報収集を行う。
事後学習(90分):情報収集・アセスメントを行う。
第5回
【小児における看護過程②】
情報収集・整理 アセスメント
事前学習(90分):情報収集・アセスメントを行う。
事後学習(90分):アセスメントを行う。
第6回
【染色体異常・胎内環境により発症する先天異常と看護】
ダウン症候群の子どもと家族の看護
口唇口蓋裂をもつ子どもと家族の看護
【新生児の看護】
NICUに入院している子どもと家族の看護
事前学習(90分):教科書該当ページの精読。
事後学習(90分):教科書、講義内容の整理、復習。
第7回
【障がいのある小児と家族の看護】重症心身障がいの子どもと家族の看護
【精神疾患と看護】発達障がいをもつ子どもと家族の看護
事前学習(90分):教科書該当ページの精読。
事後学習(90分):教科書、講義内容の整理、復習。
第8回
【小児看護技術①】
子どもの入院環境、環境整備 等
事前学習(90分):教科書該当ページの精読。
事後学習(90分):教科書、講義内容の整理、復習。
第9回
【小児看護技術②】
子どものバイタルサインズ測定、点滴管理、身体計測 等
事前学習(90分):教科書該当ページの精読。
事後学習(90分):教科書、講義内容の整理、復習。
第10・11回
2クラスにわかれて実施。クラス・グループは講義時に発表。
【小児看護技術演習】
【小児における看護過程③】
アセスメントの統合、看護上の問題の明確化、看護計画の立案
事前学習(90分):教科書該当ページの精読。アセスメントの統合〜計画立案を行う。
事後学習(90分):教科書、講義内容の整理、復習。
第12・13回
2クラスにわかれて実施。クラス・グループは講義時に発表。
【小児看護技術演習】
【小児における看護過程③】
アセスメントの統合、看護上の問題の明確化、看護計画の立案
事前学習(90分):教科書該当ページの精読。アセスメントの統合〜計画立案を行う。
事後学習(90分):教科書、講義内容の整理、復習。
第14回
【神経疾患と看護】
脳性まひの子どもと家族の看護髄膜炎(腰椎穿刺含む)の子どもと家族の看護
事前学習(90分):教科書該当ページの精読。
事後学習(90分):教科書、講義内容の整理、復習。
第15回
【感染症と看護】
小児感染症疾患とその特徴 感染症に罹患した子どもと家族の看護
事前学習(90分):教科書該当ページの精読。
事後学習(90分):教科書、講義内容の整理、復習。
第16回
【免疫疾患・アレルギー疾患と看護】
食物アレルギーをもつ子どもと家族の看護 気管支喘息をもつ子どもと家族の看護(吸入・吸引含む)
事前学習(90分):教科書該当ページの精読。
事後学習(90分):教科書、講義内容の整理、復習。
第17回
【代謝性疾患と看護】
T型糖尿病をもつ子どもと家族の看護(自己注射・自己血糖測定含む)
事前学習(90分):教科書該当ページの精読。
事後課題(90分):アセスメントの完成。
第18回
小児における看護過程③ アセスメント意見交換
【腎・泌尿器および生殖器疾患と看護】
ネフローゼ症候群をもつ子どもと家族の看護 糸球体腎炎をもつ子どもと家族の看護
事前学習(90分):アセスメントの完成。
事後課題(90分):意見交換の内容を考慮した追加修正。
第19回
【消化器疾患と看護】 
肥厚性幽門狭窄症をもつ子どもと家族の看護 鎖肛をもつ子どもと家族の看護
事前学習(90分):教科書該当ページの精読。
事後課題(90分):子どもにあわせた看護援助の方法を考える。
第20回
【循環器疾患と看護】 
先天性心疾患をもつ子どもと家族の看護
【炎症性疾患と看護】 
川崎病の子どもと家族の看護
事前課題(90分):子どもにあわせた看護援助の方法を考える。
事後課題(90分):意見交換をもとに看護計画の追加修正。
第21回
【血液・造血器疾患と看護】 
再生不良性貧血をもつ子どもと家族の看護 【悪性新生物と看護】 
急性リンパ性白血病をもつ子どもと家族の看護(骨髄穿刺含む)
事前課題(90分):意見交換をもとに看護計画の追加修正。
事後課題(90分):実践結果から看護計画の再考。発表準備。
第22回
【運動器疾患と看護】
先天性股関節脱臼をもつ子どもと家族の看護 
          上腕骨顆上骨折をもつ子どもと家族の看護 【子育て支援制度と社会資源】
保育園実習に向けて
事前課題(90分):意見交換をもとに看護計画の追加修正。
事後課題(90分):実践結果から看護計画の再考。発表準備。
第23・24・25回
2クラスにわかれて実施。クラス・グループは講義時発表
【小児における看護過程⑤】 
看護計画の再構成、発表準備
事前課題(90分):看護計画の再確認。
事後課題(90分):発表の準備と練習。
第26・27回
2クラスにわかれて実施。クラス・グループは講義時に発表。
【看護過程発表】 ロールプレイ
【事例のアセスメントと看護計画立案】
事前課題(90分):発表の準備と練習。
事後課題(90分):看護計画の見直しを行う。
第28・29回
2クラスにわかれて実施。クラス・グループは講義時に発表。
【看護過程発表】 ロールプレイ
【事例のアセスメントと看護計画立案】
事前課題(90分):発表の準備と練習。
事後課題(90分):看護計画の見直しを行う。
第30回
支援論のまとめ
小児看護学実習にむけて
事前課題(90分):発表準備。
事後課題(90分):学習内容のまとめと整理。
成績評価と基準
成績評価:定期試験(60%)、看護過程(10%)、事例のアセスメント(10%)、演習(10%)、発表(10%)で総合的に評価します。
履修上の注意
「小児看護学概論」の履修をしていることが望ましい。
「生涯発達論」「病態治療学V」「小児看護学概論」の資料を活用し、講義・演習に望むこと。
教科書は毎回持参し、講義・演習に望むこと。
演習は実習時の服と靴で行います。
体調管理を行い、なるべく欠席をしないようにして下さい。
授業開始後20分以上の遅刻は欠席となります。
遅刻(授業開始〜20分未満)3回で1回の欠席扱いとします。
教科書
奈良間美保 他(2015年)「系統看護学講座 小児看護学概論 小児臨床看護総論(第13版)」(医学書院.東京)
奈良間美保 他(2015年)「系統看護学講座 小児臨床看護各論(第13版)」(医学書院.東京)
山元恵子 (2017年)「写真でわかる 小児看護技術アドバンス」(インターメディカ.東京)
参考書・参考資料等
授業内で適宜紹介します。
オフィスアワー
井上寛隆  火(12:40〜13:30) 金(12:40〜13:30)
宍戸路佳  水(12:40〜13:30) 金(12:40〜13:30)
茂手木明美 月(12:40〜13:30) 金(15:00〜16:00)