HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要
区分
単 位
必修
科目名

精神看護支援論

2
担当者
仙田 志津代[専任]  笠井 翔太[専任]
今泉 亜子[専任] 河野 伸子[兼任]
配 当
3
開 講
前期
授業形態
講義・演習
授業の概要
 精神状態が、どのように日常生活に影響するかを理解する。精神の健康上の問題に直面している人とその家族に対し、看護を実施するための方法論と援助技術、また、精神症状や精神状態によって影響された健康や日常生活をアセスメントし、健康と生活の質を高める看護方法について学修する。
到達目標
1.患者の視点に立ち、患者理解を深める。
2.精神障がい者とのかかわりの基礎知識、セルフケア看護論、急性期および慢性期における精神看護の基礎、精神疾患とその看護について理解する。
3.事例をとおして精神障害をもつ人に対する看護の実際を考える。
4.各看護領域における身体疾患に関わる患者・家族の心のケアや、医療スタッフのメンタルヘルスの重要性を検討し、リエゾン精神看護専門看護師らの機能等について学習する。
授業計画
第1回
精神看護概論では何を学ぶのか・・・
授業ガイダンス 授業概要・学習目標・評価・提出物他について知る
*実習前の事前課題の提示(授業最終日に提出)
事前学習(90分):精神保健、精神看護学概論の授業資料をファイリングし、復習する。
事後学習(90分):学習計画を立案する。
第2回
精神に障害をもつ患者の理解
DVD「ビューティフル・マインド」を視聴し、感じたこと考えたことをまとめる
事前学習(90分):精神保健、精神看護学概論の復習。
事後学習(90分): DVDを視聴して、何を感じ考えたかをまとめる。
第3回
精神症状のアセスメントと看護
様々な精神症状とその症状に対する看護を理解する
事前学習(90分):教科書を精読する。
事後学習(90分):学習した内容をノートにまとめる。
第4回
患者家族の理解とその援助
家族の機能と役割、家族が病期を受容していく過程、それに伴う看護を理解する
事前学習(90分):教科書を精読する。
事後学習(90分):学習した内容をノートにまとめる。
第5回
薬物療法と看護
向精神薬の種類および作用・副作用について理解し、服薬支援における看護の実際を理解する
事前学習(90分):教科書を精読する。
事後学習(90分):学習した内容をノートにまとめる。
第6回
身体合併症と看護
イレウス・誤嚥性肺炎・悪性症候群・水中毒・錐体外路症状等、向精神薬の副作用も踏まえて、精神疾患患者が合併しやすい身体合併症についておよび、看護の実際を理解する
事前学習(90分):教科書を精読する。
事後学習(90分):学習した内容をノートにまとめる。
第7回
行動制限と看護、アドボカシー(人権擁護)について
行動制限の実際、身体拘束中の看護、保護室使用中の患者の看護の基本について理解する
事前学習(90分):教科書を精読する。
事後学習(90分):学習した内容をノートにまとめる。
第8回
精神科における各種療法と看護
精神科におけるグループワーク(集団療法)、作業療法・レクリエーション療法とは何か、また看護師の役割を理解する
事前学習(90分):教科書を精読する。
事後学習(90分):学習した内容をノートにまとめる。
第9回
認知行動療法と看護
精神科における認知行動療法・生活技能訓練(SST)とは何か、また看護師の役割を理解する
事前学習(90分):教科書を精読する。
事後学習(90分):学習した内容をノートにまとめる。
第10回
精神に障害をもつ患者の看護過程を学ぶ。
看護過程の事例の提示
事例における発達段階を含む患者基本情報を把握する
事前学習(90分):患者基本情報を記入する。
事後学習(90分):グループワークによる示唆を踏まえ患者基本情報を記入する。
第11回
精神に障害をもつ患者の看護過程
事例における薬物療法の実際(使用目的・作用・副作用)を理解する
事例における身体合併症をアセスメントする
事前学習(90分):教科書を精読し、薬物療法について記入する。
事後学習(90分):グループワークによる示唆を踏まえ精神症状を記入する。
第12回
精神に障害をもつ患者の看護過程
事例において出現している精神症状について理解する
事前学習(90分):教科書を精読し、身体合併症について記入する。
事後学習(90分):グループワークによる示唆を踏まえ身体合併症を記入する。
第13回
精神に障害をもつ患者の看護過程
発達段階、精神症状、治療等が事例のセルフケアにどのように影響しているかを理解する
事前学習(90分):教科書を精読し、精神症状を記入する。
事後学習(90分):グループワークによる示唆を踏まえ精神症状を記入する。
第14回
精神に障害をもつ患者の看護過程
発達段階、精神症状、治療等が事例のセルフケアにどのように影響しているかを理解する
事前学習(90分):セルフケアのアセスメントを記入する。
事後学習(90分):グループワークによる示唆を踏まえセルフケアのアセスメントを記入する。
第15回
精神に障害をもつ患者の看護過程  発表
事例の全体像、長期看護目標、短期看護目標を考える
事前学習(90分):全体像、長期・短期看護目標を記入する。
事後学習(90分):グループワークによる示唆を踏まえ、全体像、長期・短期看護目標を記入する。
第16回
精神に障害をもつ患者の看護過程  発表
事例の短期看護目標をもとに援助の実際を考える
事前学習(90分):全体像、長期・短期看護目標を踏まえ、必要な援助を熟考する。
事後学習(90分):援助を評価し、長期・短期看護目標を修正する。
第17回
精神に障害をもつ患者の看護過程
立案した長期看護目標・短期看護目標を評価する看護過程のまとめ
事前学習(90分):全体像、長期・短期看護目標を踏まえ、必要な援助を熟考する。
事後学習(90分):援助を評価し、長期・短期看護目標を修正する。看護過程の記録一式を提出する。
第18回
精神看護における看護過程と再構成の意味について考える
再構成を用いて、場面の振り返りを行う事で、患者理解、看護援助への活かし方を理解する
事前学習(90分):教科書「看護場面の再構成」を精読する。
事後学習(90分)学習した内容をノートにまとめる。
第19回
精神障がい者の退院支援
(患者本人、家族、地域社会の視点からの理解)
臨床看護師より退院支援の実際について講義を受け、退院支援における看護師の役割を理解する
事前学習(90分):教科書を精読する。
事後学習(90分):学習した内容をノートにまとめる。
第20回
精神障がい者を取り巻く地域精神保健医療資源、訪問活動、ソーシャルサポート、リカバリー、ストレングスモデル、ACT
臨床看護師より講義を受け、社会資源活用における看護師の役割を理解する
事前学習(90分):教科書を精読する。
事後学習(90分):学習した内容をノートにまとめる。
第21回
統合失調症の当事者の体験〜発症・入院から地域生活まで〜
やどかりの里当事者から体験談を聴き、当事者の視点から発症から入院、退院後の生活について理解する
事前学習(90分):教科書を精読する。
事後学習(90分):学習した内容をノートにまとめる。
第22回
グループワーク
当事者の体験談から、精神障がい者の生活を困難にしている要因、必要な社会支援、看護としてできることをグループでまとめる
事前学習(90分):教科書を精読する。
事後学習(90分):学習した内容をノートにまとめる。
第23回
躁うつ病(双極性障害)患者の看護
うつ・躁状態にある患者の看護を理解する
事前学習(90分):教科書を精読する。
事後学習(90分):学習した内容をノートにまとめる。
第24回
パーソナリティ障害患者、強迫性障害患者の看護
パーソナリティ障害、強迫性障害の基礎的な病態・看護を理解する
事前学習(90分):教科書を精読する。
事後学習(90分):学習した内容をノートにまとめる。
第25回
依存症患者の看護
依存症(アディクション)とは何か、また看護師の役割とはをアルコール依存、薬物依存を中心に理解する
事前学習(90分):教科書を精読する。
事後学習(90分):学習した内容をノートにまとめる。
第26回
断酒会または AA(アルコール・アノニマス)当事者の体験
当事者からの体験談を聴き、過去にどのような体験をし、医療や社会のサポートを受け、現在、自らの病気と向き合いどのように社会生活を送っているかを理解する
事前学習(90分):教科書を精読する。
事後学習(90分):学習した内容をノートにまとめる。
第27回
リエゾン精神看護とは
リエゾン精神看護の理念、リエゾン精神看護の機能と役割
事前学習(90分):教科書を精読する。
事後学習(90分):学習した内容をノートにまとめる。
第28回
リエゾン精神看護の実際
一般科における直接ケア、看護師のメンタルヘルス支援
事前学習(90分):教科書を精読する。
事後学習(90分):学習した内容をノートにまとめる。
第29回
司法精神看護とリスクマネジメントについて
・医療観察法における看護の基本について理解する
・精神科医療における医療事故、事故の防止と対策について理解する
事前学習(90分):教科書を精読する。
事後学習(90分):学習した内容をノートにまとめる。
第30回
精神看護の課題と展望
今までの授業を振り返り、精神看護における看護の課題を理解し、精神看護における自己の課題を明確にする
事前学習(90分):本授業をノートをもとに振り返る。
事後学習(90分):自己の精神看護における課題をノートにまとめる。
成績評価と基準
授業態度・出席状況 10% 、定期試験60%、レポート30%
履修上の注意
予習・復習をし、常に問題意識を持ち、自己の課題を明確にし、実習につなげていけるように授業参加することを期待している。Uniprove/cs(IT’s class)を使用し、出欠席管理を行う。
教科書
岩崎弥生 渡邊博幸編集(2015):新体系 看護学全書 精神看護学1 精神看護学概論、精神保健、メヂカルフレンド社.
岩崎弥生 渡邊博幸編集(2016):新体系 看護学全書 精神看護学2 精神障害をもつ人の看護、メヂカルフレンド社.
宮本真巳(1995):看護場面の再構成、日本看護協会出版会
参考書・参考資料等
適宜紹介
オフィスアワー
仙田 志津代  月(16:00〜17:00)
笠井翔太    火(16:00〜17:00)
今泉亜子    木 (16:00〜17:00)