HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要
区分
療養支援看護分野 単 位
必修
科目名

精神看護学実習

2
担当者
仙田 志津代[専任]  笠井 翔太[専任]  今泉 亜子[専任] 配 当
3
開 講
後期
授業形態
実習
授業の概要
精神の障害により日常生活に影響をおよぼしている人々と家族に対する理解を深め、患者と看護者との関係を築きながら看護の果たす役割と援助方法を学ぶ。
到達目標
1.精神に障害をもち入院している人とその家族状況を理解する。
2.精神に障害をもつ人が入院している施設の概要と保健医療福祉制度の実際を理解する。
3.精神に障害をもつ人の精神症状と生活行動を通して生活の視点から理解し全体像を把握し看護を実践することができる。
4.精神に障害をもつ人とのかかわりを通して自己洞察を深める。
5.精神科におけるチーム医療の意義を理解し、看護の役割を見いだす。
6.専門職をめざす者としての自覚をもち、倫理的に配慮することができる。
授業計画
実習期間:平成29年7月26日〜平成30年3月2日
実習内容:実習要綱参照
成績評価と基準
評価表に基づいて評価します。詳細は実習要綱を参照。
履修上の注意
履修規定に定められた出席時間を満たすこと(実習時間の4/5以上の出席)が単位認定の条件となります。
詳細は実習要綱を参照。
教科書
岩崎弥生 渡邊博幸編集(2015):新体系 看護学全書 精神看護学1 精神看護学概論、精神保健、メヂカルフレンド社.
岩崎弥生 渡邊博幸編集(2016):新体系 看護学全書 精神看護学2 精神障害をもつ人の看護、メヂカルフレンド社.
宮本真巳:看護場面の再構成, 日本看護協会出版会 ,1995
参考書・参考資料等
適宜紹介する。
オフィスアワー
実習期間中、教室や研究室、実習先施設にて担当科目に関する質問を受け付けます。