HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要
区分
療養支援看護分野 単 位
必修
科目名

成人看護学概論

2
担当者
伊原 緑[専任]   本谷 久美子[専任]   伊藤 ふみ子[専任] 配 当
2
開 講
前期
授業形態
講義
授業の概要
 成人期にある対象の特徴を理解し、成人に生じやすい健康障害と健康課題、保健医療福祉政策について学習する。 また成人期および各健康レベルにある対象の看護の特徴と基礎となる諸理論について学ぶ。
到達目標
1.成人各期の特徴について理解できる。
2.成人期にある対象の健康の動向と健康障害について理解できる。
3.成人期にある対象の健康課題にアプローチするための基本について理解できる。
4.成人期にある対象の保健・医療・福祉政策について理解できる。
5.各健康レベルにある対象の特徴、看護の特徴、関連する諸理論の概要について理解できる。
授業計画
第1回
成人看護学の概要
成人の特徴、成人各期の特徴、自己決定、アンドラゴジー
事前課題(90分):キスト P2-17、P155-171の精読
事後課題(90分):学習内容のまとめ
第2回
ライフサイクルからみた成人期の特徴と発達課題
社会との相互作用からみた成人期の特徴
事前課題(90分):テキスト P18-30の精読
事後課題(90分):学習内容のまとめ
第3回
成人の生活、人生や健康に対する意識・考え方
事前課題(90分):テキスト P31-58の精読
事後課題(90分):学習内容のまとめ
第4回
成人期にある人の健康と疾病の概況
保健医療福祉政策と健康課題
事前課題(90分):テキスト P59-84の精読
事後課題(90分):学習内容のまとめ
第5回
生活習慣・職業に関連する健康障害
事前課題(90分):テキスト P85-103の精読
事後課題(90分):学習内容のまとめ
第6回
生活ストレス、セクシュアリティ・更年期に関連する健康障害
事前課題(90分):テキスト P104-122の精読
事後課題(90分):学習内容のまとめ
第7回
健康状態が急激に変化し急性の状態にある人への看護①
急性とは、急性の状態をもたらす原因と身体的反応
急性期看護、周手術期看護、救急看護
事前課題(90分):テキスト P138-149、P216-226の精読
事後課題(90分):学習内容のまとめ
第8回
健康状態が急激に変化し急性の状態にある人への看護②
急性の状態にある患者と家族の心理的反応と看護
ストレス理論、ストレスコーピング理論、危機理論
事後課題(90分):学習内容のまとめ
第9回
生活機能障害を有する人への看護
リハビリテーションとは、リハビリテーションを必要とする人の特徴
リハビリテーション看護の目的、アセスメント、要点
事前課題(90分):テキスト P227-235の精読
事後課題(90分):学習内容のまとめ
第10回
慢性的な経過をたどる健康障害を有する人への看護①
慢性とは、慢性疾患の特徴
慢性疾患を有する人の特徴、病みの軌跡
事前課題(90分):テキスト P236-246の精読
事後課題(90分):学習内容のまとめ
第11回
慢性的な経過をたどる健康障害を有する人への看護②
アドヒアランス、レジリエンス、エンパワーメント
事前課題(90分):テキストP124-137、P160-171、P236-246の精読
事後課題(90分):学習内容のまとめ
第12回
慢性的な経過をたどる健康障害を有する人への看護③
自己効力理論、行動変容ステージ、セルフマネジメント
事前課題(90分):テキストP124-137、P160-171、P236-246の精読
事後課題(90分):学習内容のまとめ
第13回
人生の最期のときを迎える人への看護①
死の定義・判定、最期を迎える場所
トータルペイン、死の受容過程
事前課題(90分):テキスト P247-256の精読
事後課題(90分):学習内容のまとめ
第14回
人生の最期のときを迎える人への看護②
悲嘆と喪失、意思決定支援、看護の目的、看護師の役割
事前課題(90分):テキスト P247-256の精読
事後課題(90分):学習内容のまとめ
第15回
まとめ 事前・事後課題(90分):学習内容のまとめ
成績評価と基準
定期試験(90%)、レポート・参加態度(10%)で評価します。
履修上の注意
授業中の私語は慎んでください。他の学生の学習の妨げになると判断したときは、退出して頂きます。(その場合は欠席となります)。
教科書
成人看護学概論.南江堂.東京
参考書・参考資料等
講義中の中で随時紹介いたします。
オフィスアワー
井原 緑   木(12:40〜13:30)
本谷 久美子 木(12:40〜13:30)
伊藤 ふみ子 木(12:40〜13:30)