HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要
区分
療養支援看護分野 単 位
必修
科目名

在宅看護学実習

2
担当者
大宮 裕子[専任]  松岡 由美子[専任] 配 当
3
開 講
後期
授業形態
実習
授業の概要
地域で生活する在宅療養者とその家族に必要な支援とその実際を理解する。また、在宅ケアシステムを理解し、そこにかかわる専門職と連携の実際から看護者の役割について学ぶ。
到達目標
1.在宅看護における看護者の役割と機能について理解を深めることができる。
2.在宅療養者および家族の健康問題をアセスメントし、看護計画の立案、実践、評価のプロセスについて理解を深めることができる。
3.在宅ケアシステムの理解を深め、有効な活用法用について理解を深めることができる。
授業計画
実習期間:平成29年10月9日〜平成30年2月9日のうち2週間
実習内容:方法は実習要項を参照
成績評価と基準
評価表に基づいて評価します。詳細は実習要項を参照してください。
履修上の注意
実習に関連するオリエンテーションには全て出席すること、履修規程に定められた出席時間数を満たすこと
(実習時間の4/5以上の出席)は単位認定の条件となります。詳細は実習要項を参照してください。
教科書
在宅看護学の講義、各領域の学習で使用した教科書・参考書等
その他、適宜紹介する。
参考書・参考資料等
既習の講義、各領域の学習で使用した教科書・参考書・レジュメ 等
その他、適宜紹介する。
オフィスアワー
金(Ⅲ〜Ⅳ時限)