HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要
区分
療養支援看護分野 単 位
選択
科目名

療養支援看護実習

2
担当者
看護学部の専任教員 配 当
4
開 講
後期
授業形態
実習
授業の概要
療養の場が病院などの施設から在宅へと移行していく対象者と家族の療養上の支援ニーズを明らかにし、これらを達成するために対象者を取り巻く保健医療福祉チームを構成している各専門職がどの様な役割を果たし、お互いにどの様に連携し合い、協働しているのかを明らかにする。
また、対象者や家族が今までの生活を大切にしながら、その人らしく・家族らしい療養生活を実現するために看護職が保健医療福祉チームにおいてどの様なリーダーシップを発揮しているのかを明らかにし、チーム医療における看護職の役割と専門性および将来に向けての課題と望ましいあり方について考察する。
到達目標
1. 健康レベルに応じて療養の場を移行する対象者と家族の療養上の支援ニーズを看護の視点から明らかにすることができる。
2. 対象者と家族の療養支援ニーズを満たすために、入院患者や家族を中心にして、どの様な専門職によるチームが結成され、各々の専門職がどの様な役割と専門性を発揮しているのかを明らかにすることができる。
3. 保健医療福祉チームが、対象者と家族の療養支援ニーズへ対応するためにどの様な目標を設定し、どの様な支援計画のもとに療養支援を行っているのか明らかにすることができる。
4. チーム医療活動における、各専門職の相互連携と調整について明らかにすることができる。
5. 対象者や家族がその人らしく・家族らしい療養生活を実現するために看護職が保健医療福祉チームにおいてどの様なリーダーシップを発揮しているのかを明らかにし、チーム医療における看護職の役割と専門性について考察することができる。
6. 保健医療福祉専門職の協働によるチーム医療の課題と、将来に向けての望ましいあり方について考察することができる。
7. グループメンバーと協力して、積極的に実習に取り組み、専門職としての自律性を発揮し、責任ある態度で行動することができる。
授業計画
【授業形態】
1グループの学生数は 4〜6名とし、地域連携や退院調整システムが整備されている医療施設で実習を行う。
【実習期間】平成29年8月28日(月)〜9月8日(金)
【事前課題】
1. 実習施設の概要および特徴
2. 保健医療福祉チームにおける主な専門職の業務内容および役割
3. 保健医療福祉チームの相互連携と調整方法
4. 保健医療福祉チームにおける看護師の役割
【対象者の選定】
退院支援が必要となる対象者で、以下の状況にある方
1)退院後も医療管理・医療処置等が継続する。
2)ADL/IADLが低下し、退院後も自立した生活を送ることが出来ない。
3)がんや難病のように、進行する病状を抱えながら退院後も療養を継続する。
4)在宅療養において生活支援を必要とする。
【実習内容】
1. 対象者の疾患の種類と程度、退院支援のための情報収集
2. 対象者の看護ケアへの参加(リハビリ見学の参加含む)
3. 多職種との連携、チーム活動を行っている場面への参加(退院に向けたカンファレンス、ケースカンファレンス等)
4. 地域の保健医療福祉機関との連携調整場面に参加
5. 退院患者の初回外来受診場面へ見学
6. 日々のカンファレンス
【学びのまとめと発表】
・実習最終日に各実習施設で最終カンファレンスを実施する。
・学びを共有するため実習の成果を学内または実習施設で発表する。
【レポート】:以下のテーマで、実習での学びを 3200字程度にまとめる。
「退院後の療養生活を見据えたチーム医療の成り立ちとその中での看護職の役割」
成績評価と基準
1)実習目標の到達度 2)実習態度・出席状況 3)記録・レポート 4)評価表
上記に基づき総合的に評価します。詳細は実習要項を参照。
履修上の注意
履修規定に定められた出席時間数を満たすこと(実習時間の4/5以上の出席)が単位認定の条件となります。
詳細は実習要項を参照。
教科書
 
参考書・参考資料等
 
オフィスアワー
実習期間中、教室や研究室、実習先施設にて担当科目に関する質問を受け付けます。