HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要
区分
健康支援看護分野 単 位
選択
科目名

公衆衛生看護活動論Ⅲ

2
担当者
荒木田 美香子[兼任] 竹中 香名子[兼任] 根岸 茂登美 [兼任] 配 当
3
開 講
前期
授業形態
講義
授業の概要
学校保健の目的、養護教諭及び特別支援教育における看護師の職務、学校保健の制度とシステムを理解し、主な学校保健活動を学ぶ。
産業保健の目的、産業保健看護職の職務、産業保健の制度とシステムを理解し、主な産業保健活動について学ぶ。
到達目標
1. 学校保健の目的と養護教諭及び特別支援教育における看護職の職務を説明することができる
2. 子どもたちの健康課題を理解し、子どもの健康レベルの向上に向けた具体的な活動方法とその特徴を説明できる。
3. 産業保健の目的と産業看護職の職務を理解する。
4. 産業保健の現状および実際を理解し、産業保健の個別的、集団的、組織的方法を理解する。
授業計画
第1回
学校保健の歴史的背景と学校保健の意義 事後学習として配布資料を読み返し、授業のポイントをまとめる。
第2回
学校保健における養護教諭の業務 事後学習として配布資料を読み返し、授業のポイントをまとめる。
第3回
健康教育・保健学習 事後学習として配布資料を読み返し、授業のポイントをまとめる。
第4回
保健室で行う救急処置の考え方(感染症の対策を含む) 事後学習として配布資料を読み返し、授業のポイントをまとめる。
第5回
子どもの健康課題を把握する方法(健康診断、学校保健統計) 事後学習として配布資料を読み返し、授業のポイントをまとめる。
第6回
健康で安全な環境の把握とその維持向上 事後学習として配布資料を読み返し、授業のポイントをまとめる。
第7回
子どもの健康課題と解決に向けた対応の基本1(慢性疾患などへの対応) 事後学習として配布資料を読み返し、授業のポイントをまとめる。
第8回
子どもの健康課題と解決に向けた対応の基本2(健康的な生活習慣の確立と成長・健康) 事後学習として配布資料を読み返し、授業のポイントをまとめる。
第9回
産業保健の目的と産業保健の定義、産業保健の歴史 事前学習として新聞・ニュースから社会の動向に関心を持ち産業保健の予習をする。
第10回
産業保健活動の推進体制と産業看護職の職務 事後学習としてテキストの該当ページと配布資料を読み返し、授業のポイントをまとめる。
第11回
職場の安全管理、職場巡視の意義と実際 事後学習としてテキストの該当ページと配布資料を読み返し、授業のポイントをまとめる。
第12回
産業保健における健康診断・健康相談、健康づくり活動の必要性や基本的考え方 事前学習としてテキストの該当ページを読み、健康診断・健康相談について予習をする。
第13回
職域のメンタルヘルス活動、過重労働対策、小規模事業所への支援活動 事前学習として、公衆衛生看護活動論Ⅰの資料を見直し、予習をする。また、授業で持参する。
第14回
女性労働者への支援、ワーク・ライフ・バランス、職域保健と地域保健の連携 事前学習として、テキストの該当ページを読み、ワーク・ライフ・バランスについて予習しておく。
第15回
個別的・集団的・組織的展開方法について、事例を通して総合的に学習する。 事前学習としてこれまでの講義内容全般について復習しておく。
成績評価と基準
・学校保健論:評価は試験 70%と授業への参加度 30%
・産業保健論:評価はレポート(授業内容の理解度を評価 70%)と授業参加度(学習の積極性を評価30%)
履修上の注意
遅刻や途中退室は認めません。
私語を慎んでください。
課題提出の際は期日を厳守すること。
教科書
中央労働災害防止協会(2016):労働衛生のしおり 平成28年度 中央労働災害防止協会
荒木田美香子(2014):公衆衛生看護学テキスト第4 巻 公衆衛生看護活動Ⅱ 学校保健・産業保健
参考書・参考資料等
厚生統計協会:国民衛生の動向、中央労働災害防止協会:労働衛生のしおり 平成28年度
その他講義の中で随時紹介する。
オフィスアワー
授業開始前または終了時に、教室または講師控室にて質問を受け付けます。