HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要
区分
健康支援看護分野 単 位
選択
科目名

公衆衛生看護活動展開論Ⅰ

1
担当者
神庭 純子[専任]  尾﨑 美恵子[専任]  伊藤 千春[専任] 配 当
3
開 講
後期
授業形態
演習
授業の概要
地域で生活する人々の健康行動の特性に応じた公衆衛生看護活動の展開方法及び支援技術について学習する。
到達目標
地域で生活する人々の健康行動の特性を明らかにし、効果的な介入方法について理解する。
地域の人々への健康支援のために、その理論的根拠について理解する。
家庭訪問・健康相談・健康教育・健康診査・地域診断の技術の実際を理解する。
授業計画
第1回
ガイダンス
公衆衛生看護活動展開論とは 演習課題の提示
事後学習:公衆衛生看護活動展開論の授業概要、学習目標を明確にする
第2回
公衆衛生看護学概説
公衆衛生看護活動の特徴
事前学習: 2年次までに学習した公衆衛生看護学概論、公衆衛生看護活動論の学習内容を確認する
第3回
公衆衛生看護活動における支援技術演習
地域診断① 
事前学習:地域診断技術について既学習内容を確認する
第4回
公衆衛生看護活動における支援技術演習
地域診断②
事後学習:対象地域の地域診断を行い、演習レポートをまとめる
第5回
公衆衛生看護活動における支援技術演習
家庭訪問① 
事前学習:家庭訪問技術について既学習内容を確認する
第6回
公衆衛生看護活動における支援技術演習
家庭訪問② シナリオ作成
事後学習:家庭訪問の事例を作成し援助計画を立案する
第7回
公衆衛生看護活動における支援技術演習
家庭訪問③ ロールプレイ・まとめ
家庭訪問における地域看護活動過程の展開についてまとめる
第8回
公衆衛生看護活動における支援技術演習
健康教育①
事前学習:健康教育技術について既学習内容を確認する
第9回
公衆衛生看護活動における支援技術演習
健康教育②
事後学習:健康教育の指導案及び媒体を作成する
第10回
公衆衛生看護活動における支援技術演習
健康教育③
事後学習:健康教育の指導案及び媒体を作成する
第11回
公衆衛生看護活動における支援技術演習
地域診断③ 
事後学習:対象地域の地域診断を行い、演習レポートをまとめる
第12回
公衆衛生看護活動における支援技術演習
地域診断④
事後学習:実習施設の市町村の地域診断について報告会資料を作成する
第13回
地域における保健師活動の特徴
地域診断演習報告会
事後学習:地域診断演習報告会をふまえて公衆衛生看護活動の展開方法についてまとめる
第14回
健康教育演習発表 事後学習:健康教育演習発表をふまえて公衆衛生看護活動の展開方法についてまとめる
第15回
ピア評価・まとめ 事後学習:ピア評価をふまえて自己の学習課題を振り返る
成績評価と基準
授業参加度(授業への取り組み、発表、コメント票による授業理解度の確認)20%、演習レポート80%から総合的に評価する。
履修上の注意
演習に積極的に参加してください。
課題提出の際は期日を厳守すること。
教科書
適宜紹介する
参考書・参考資料等
 
オフィスアワー
授業開始前または終了時に、教室や研究室にて担当科目に関する質問を受け付けます。