HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要
区分
健康支援看護分野 単 位
選択
科目名

公衆衛生看護活動展開論Ⅱ

1
担当者
尾﨑 美恵子[専任]  神庭 純子[専任]  伊藤 千春[専任] 配 当
4
開 講
前期
授業形態
演習
授業の概要
 公衆衛生看護活動の展開方法について学習する。特に、地域に顕在あるいは潜在している健康問題の把握方法、地域診断の概念及びそのプロセスの実際について習得することを目的とする。
到達目標
 (1) 公衆衛生看護活動における地域診断の意義と目的及び理論の活用について理解する。
 (2) 公衆衛生看護活動における地域診断の概念及びそのプロセスについて理解する。
 (3) 公衆衛生看護活動における地域診断のプロセスの実際について習得する。
授業計画
第1回
地域診断演習オリエンテーション・対象地域の決定 事前学習:地域診断技術について既学習内容を確認する
第2回
既存資料の収集と分析(1) 事後学習:対象地域の既存資料の収集・分析を行い、地区踏査、演習レポートに活用する。
第3回
既存資料の収集と分析(2) 事後学習:対象地域の既存資料の収集・分析を行い、地区踏査、演習レポートに活用する。
第4回
既存資料の収集と分析(3) 事後学習:対象地域の既存資料の収集・分析を行い、地区踏査、演習レポートに活用する。
第5回
地区踏査の実際(1) 事後学習:対象地域の地区踏査を行い、演習レポートをまとめる
第6回
地区踏査の実際(2) 事後学習:対象地域の地区踏査を行い、演習レポートをまとめる
第7回
地区踏査の実際(3) 事後学習:対象地域の地区踏査を行い、演習レポートをまとめる
第8回
地区踏査のまとめ 事後学習:対象地域の地区踏査を行い、演習レポートをまとめる
第9回
地区活動からの情報収集 事後学習:地区活動から情報収集したことを演習レポートにまとめる。
第10回
地域特性の明確化(1) 事前学習:対象地域の地域診断資料や地区踏査のデータ等をもとに既学習内容の確認をする。
第11回
地域特性の明確化(2) 事後学習:配付資料等を活用して対象地域の健康問題についてまとめる。
第12回
地域特性の明確化(3) 事後学習:配付資料等を活用して授業内容を復習する。
第13回
地区把握のまとめ 事前学習としてこれまでの授業内容を復習し、疑問点や不明点を明確にする。事後学習として公衆衛生看護活動における地区把握の展開方法についての考えをまとめる。
第14回
まとめ・報告会 事後学習として公衆衛生看護活動における地域診断の展開方法について考察し、演習レポートをまとめる。
第15回
まとめ・報告会 事後学習として公衆衛生看護活動における地域診断の展開方法について考察し、演習レポートをまとめる。
成績評価と基準
授業参加度20%、演習レポート80%から総合的に評価する。
履修上の注意
演習に積極的に参加すること。課題提出の際は期日を厳守する。
教科書
 
参考書・参考資料等
荒賀直子・後閑容子編(2015):改訂第4版 公衆衛生看護学.jp,インターメディカル,東京.
厚生統計協会編「国民衛生の動向」 2015/2016
金川克子・田高悦子編(2011):地域看護診断 第2版、東京大学出版会
佐伯和子編著(2010):地域看護アセスメントガイド,医歯薬出版株式会社,東京.
オフィスアワー
授業開始前または終了時に、教室や研究室にて担当科目に関する質問を受け付けます。