HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要
区分
統合科目 単 位
必修
科目名

看護学の動向と課題

1
担当者
神庭 純子[専任]  小寺 栄子[専任]  大賀 明子[専任]
伊藤 ふみ子[専任] 岩沢 純子[専任]  仙田 志津代[専任] 
中山 洋子[兼任]  谷 規久子 [専任]
配 当
4
開 講
後期
授業形態
講義
授業の概要
看護職を取り巻く急激な環境変化の中で、看護職は専門職としてどの様な役割を担い、どの様なケアシステムを構築していくのか、また人々の多様化・複雑化する健康ニーズやそこに内在する問題にどの様に対応すればよいのかなど、看護職にとって重要であると考えられる動向や課題に対して、我が国の文化的特性や国際社会の動向を踏まえて考える機会とし、今後の看護学の方向性について学ぶ。
到達目標
1.看護学の発展の歴史と看護職の今後の方向性を理解する
2.わが国の保健医療制度改革の動向と看護の課題を理解する
3.看護学の発展について、諸科学や医学の発展、その背景にある哲学的な基盤や理論を理解する
4.各看護学領域の専門分化の方向性と課題を理解する
授業計画
第1回
看護学の発展の歴史と看護職の今後の方向性
保健医療制度改革の動向と看護の課題
事前学習(90分):配布資料を精読する。
事後学習(90分):学習内容をまとめる。
第2回
諸科学の発展、その背景にある哲学的基盤や理論をふまえた学問としての看護学の発展 事前学習(90分):配布資料を精読する。
事後学習(90分):学習内容をまとめる。
第3回
母性看護学領域の専門分化の方向性と課題 事前学習(90分):配布資料を精読する。
事後学習(90分):学習内容をまとめる。
第4回
成人看護学領域の専門分化の方向性と課題 事前学習(90分):配布資料を精読する。
事後学習(90分):学習内容をまとめる。
第5回
老年看護学、在宅看護学領域の専門分化の方向性と課題 事前学習(90分):配布資料を精読する。
事後学習(90分):学習内容をまとめる。
第6回
精神看護学領域の専門分化の方向性と課題 事前学習(90分):配布資料を精読する。
事後学習(90分):学習内容をまとめる。
第7回
公衆衛生看護学領域の専門分化の方向性と課題 事前学習(90分):配布資料を精読する。
事後学習(90分):学習内容をまとめる。
第8回
保健医療福祉ニーズの変遷に対応した看護ケアの開発と、その専門性発揮のための方策と課題 事前学習(90分):配布資料を精読する。
事後学習(90分):学習内容をまとめる。
成績評価と基準
授業参加度(授業への取り組み、発表、コメント票による授業理解度の確認)20%、レポート80%を基に総合的に評価する。
課題レポート
「わが国の看護・看護学の発展の動向をふまえて、今後の看護・看護学の方向性と課題について考察しなさい。(2000字程度)」 
履修上の注意
 
教科書
指定なし
参考書・参考資料等
講義の中で随時紹介する。
オフィスアワー
授業開始前または終了時に、教室や研究室にて担当科目に関する質問を受け付けます。