HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要
区分
統合科目 単 位
必修
科目名

安全管理論

2
担当者
小寺 栄子[専任]  渋谷 智恵[兼任]  岡部 芳昭[兼任] 配 当
4
開 講
前期
授業形態
講義・演習
授業の概要
感染症の感染源、感染経路、診断法、滅菌・消毒法を含む感染防御法について学び、現代における感染症の特徴と環境の変化との関係について、医療の現場である病院・施設・在宅など様々な場面における感染症の特徴を理解する。また、医療技術の高度化、薬物療法によって起こる易感染性や耐性菌の出現について考察し、院内感染の要因やリスクを理解し看護職として感染予防行動や対処行動について考えることができる。
また、医療における安全と信頼を保障し、患者と医療従事者の安全を守るためのリスクマネジメントの概念と、保健医療提供の場におけるリスクから、患者・家族、来院者、職員の安全や安楽を守り、医療・看護の質保証・向上を目指すリスクマネジメントの役割を学ぶ。
到達目標
1.感染症の感染源、感染経路、診断法、滅菌・消毒法を含む感染防御法について説明できる。
2.現代における感染症の特徴と環境の変化として、病院・施設・在宅など様々な場面における感染症の特徴を説明できる。
3.医療技術の高度化、薬物療法によって起こる易感染性や耐性菌の出現について説明できる。
4.院内感染の要因やリスクについて説明できる。
5.感染予防行動や対処行動が適切にとることができる。
6.患者と医療従事者の安全を守るためのリスクマネジメントの概念について説明できる。
7.医療安全推進の背景と経緯、医療者の社会的責任について述べることができる。
8.医療事故とヒューマン・エラー、ヒューマン・エラー防止対策について述べることができる。
9.組織の医療安全管理への取り組みの実際について理解できる。
10.安全なシステム構築について説明できる。
11.医療事故発生時の対応から再発予防までのプロセスについて説明できる。
12.医療安全・安全文化の醸成への看護職の役割について述べることができる。
13.医療安全管理における看護職の役割と課題を述べることができる。
授業計画
第1回
1.ガイダンス
2.標準予防策について
3.個人防護具着脱(演習)
事後課題:学習内容の振り返りとまとめ
第2回
1.感染経路別予防策について
2.高齢者施設と在宅における感染管理
事前課題:教科書にて学習内容の確認
事後課題:学習内容の振り返りとまとめ
第3回
1.洗浄・消毒・滅菌
2.療養環境整備
事前課題:教科書にて学習内容の確認
事後課題:学習内容の振り返りとまとめ
第4回
医療器具・処置関連の感染防止
(血管内留置カテーテル、尿道留置カテーテルなど)
事前課題:教科書にて学習内容の確認
事後課題:学習内容の振り返りとまとめ
第5回
アウトブレイクを起こしやすい感染症とその対策 事前課題:教科書にて学習内容の確認
事後課題:学習内容の振り返りとまとめ
第6回
職業感染予防 事前課題:教科書にて学習内容の確認
事後課題:学習内容の振り返りとまとめ
第7回
医療関連感染予防の実際を考える(演習) 事前課題:教科書にて学習内容の確認
事後課題:学習内容の振り返りとまとめ
第8回
感染管理のまとめ(国家試験対策を含む) 事前課題:教科書にて学習内容の確認
事後課題:学習内容の振り返りとまとめ
第9回
1.医療安全推進の背景と経緯
2.医療安全における医療者の社会的責任について述べることができる。
3.医療事故とヒューマン・エラーの関連要因について説明することができる。
事前課題:教科書にて学習内容の確認
事後課題:学習内容の振り返りとまとめ
第10回
医療におけるヒューマン・エラー防止対策について述べることができる。 事前課題:教科書にて学習内容の確認
事後課題:学習内容の振り返りとまとめ
第11回
医療安全管理への組織としての取り組みの実際について理解できる。 事前課題:教科書にて学習内容の確認
事後課題:学習内容の振り返りとまとめ
第12回
安全なシステム構築について説明できる。 事前課題:教科書にて学習内容の確認
事後課題:学習内容の振り返りとまとめ
第13回
医療事故発生時の対応から再発予防までのプロセスについて説明できる。 事前課題:教科書にて学習内容の確認
事後課題:学習内容の振り返りとまとめ
第14回
医療安全・安全文化の醸成への取り組みについて理解できる。 事前課題:教科書にて学習内容の確認
事後課題:学習内容の振り返りとまとめ
第15回
医療安全管理における看護職の役割と課題を述べることができる。まとめ 事前課題:教科書にて学習内容の確認
事後課題:学習内容の振り返りとまとめ
成績評価と基準
出席状況・授業への参加と振り返り(20%)、期末試験(80%)の総合評価とする。
履修上の注意
本科目は2名の非常勤講師が毎回2コマ〜4コマ続きで開講するので、授業日程を必ず確認しておくこと。
教科書
①洪愛子: 院内感染予防必須ハンドブック、中央法規出版, 2013.
②松下由美子, 杉山良子, 小林美雪 編:ナーシンググラフィカ 看護の統合と実践②:医療安全,第2版, メディカ出版, 2013.
参考書・参考資料等
①河野龍太郎:医療におけるヒューマン・エラー 第2版 なぜ間違える、どう防ぐ, 医学書院, 2014.
②山内桂子, 山内隆久: 医療事故―なぜ起こるのか, どうすれば防げるのか, 朝日文庫, 2005.
その他は、講義の中で随時紹介する。
オフィスアワー
小寺:金曜日の15:00〜17:00、非常勤講師:授業日の休憩時間と授業終了後30分以内