HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要
区分
統合科目 単 位
必修
科目名

看護総合演習

1
担当者
小寺 栄子[専任]  本谷 久美子[専任]  田道 智治[専任]
大賀 明子[専任]  神庭 純子[専任]  仙田 志津代[専任]
伊藤 ふみ子[専任]  井上 寛隆[専任]  鈴木 浩美[専任]
山田 理絵[専任]  桐明 輝迪[専任]  
他、看護学部の専任教
配 当
4
開 講
後期
授業形態
演習
授業の概要
 看護職に不可欠なコアとなる看護実践能力の卒業時到達目標を達成するために、個々の学生が自己の看護技術・アセスメント能力を確認し、学習課題を明らかにして、卒業時到達目標の達成に向け自己学習を行うことができるようにする。
 また4年間の学習内容を統合し、複合的な学習成果を導く機会や、既修得の知識の中から必要な知識を引出し、総合して臨床判断を導くトレーニング機会を設けることにより、看護実践能力の向上を図る。
 4年間の学修の成果は統合試験によって確認する。
到達目標
1.卒業前の自己の看護技術・アセスメント能力を確認し、学習課題を明らかにすることができる。
2.自己のアセスメント結果を元に、学習課題の解決に向けて自己学習を行うことができる。
3.看護援助の根拠を述べ、判断を導き出し、状況に応じた援助技術を適用できる。
4. 4年間の学修の成果を統合試験によって確認し、卒業に向けての準備ができる。
授業計画
第1回
①ガイダンス
② 3年次までの学習到達状況と課題の共有
③グループメンバーの提示
事前課題:看護技術経験録の振り返り
事後課題:自己の学習課題を確認する
第2〜3回
①検討事例の提示
②事例の解説
③事例を理解するための基礎知識
④グループ検討
事後課題:事例を理解するための知識を確認し自己学習を行う。
第4〜7回
グループで事例を検討:
①グループで協力して情報を分析・解釈
②看護問題を抽出
③看護問題に対応した看護計画を立案する。
事前課題:各自の学習の成果を持ち寄る
事後課題:次回のグループの成果発表に備えて、事例検討の結果をまとめ提出する。
事後課題:各グループの発表成果を参考に、自分達の事例分析を見直し、事例の理解をより深め、根拠をもって看護問題と看護計画を明らかにする。
第8〜9回
グループで事例を検討:
①グループで協力して情報を分析・解釈
②看護問題を抽出
③看護問題に対応した看護計画を立案する。
事前課題:各自の学習の成果を持ち寄る
事後課題:次回のグループの成果発表に備えて、事例検討の結果をまとめ提出する。
事後課題:各グループの発表成果を参考に、自分達の事例分析を見直し、事例の理解をより深め、根拠をもって看護問題と看護計画を明らかにする。
第10回
グループの事例の検討結果(看護計画)を発表する。
発表結果を共有し相互に学び合い、事例への理解を深める。
事後課題:①看護過程のプロセス全体の振り返りと修正、②看護計画の修正
第11回
シミュレーションの説明
行動計画の立案
事後課題:行動計画で修正が必要な個所の確認
第12〜15回
シミュレーション学習の実施
 ①看護計画の実践
 ②援助を実施してみての評価と修正
 ③修正した援助の実施と評価と修正
まとめ:
 各人の看護実践能力における自己の課題と今後の対策を明らかにする。
事前課題:事例検討での学びと反省点を明らかにする。
事前課題:自己の課題と今後の対策を明らかにする
成績評価と基準
出席状況10%、グループ検討への参加度30%、発表内容60%
尚、上記の成績評価は、統合試験に合格することを前提条件とする。
履修上の注意
本科目を履修する際には、主体的に演習に取り組み、以下の観点から自己の学習取り組み姿勢を確認する。
①必要な知識を有しているか
②知識を活用して根拠に基づいた適切な判断ができているか
③判断結果に基づいて、対象者に適した方法を選択し実施できているか
④正しい方法で安全・安楽に実施できているか
⑤実施前の観察、実施中の観察、実施後の観察と評価ができているか
⑥演習課題に主体的かつ積極的に取り組むことができているか
⑦科目終了時には看護実践能力における自己の今後の課題を明らかにできているか
教科書
特に定めないが、4年間の学習で用いてきたすべての教科書・授業資料
参考書・参考資料等
適宜紹介する。
オフィスアワー
開講期間中、教室や研究室、実習室にて担当科目に関する質問を受け付けます。