HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要
区分
統合科目 単 位
必修
科目名

総合実習

2
担当者
看護学部の専任教員全員 配 当
4
開 講
後期
授業形態
実習
授業の概要
自らが選択した看護専門領域での看護ケア実践を通して、4年生までに学んだ看護学の知識・技術を統合し、看護の意義と専門性、チーム医療体制の中での看護職の役割と今後の課題への理解を深める。また本実習を通して、学生が看護専門書としての事故のキャリアへの将来展望を描くことにより、看護学生から専門職への役割移行をより円滑に進められるように支援することを願いとする。
到達目標
1)自ら選択した施設の看護専門領域の特性と専門性について明らかにできる。
2)自ら選択した看護専門領域において看護の対象となる人を全人的に理解し、総合的な視点に立って看護援助を実施することができる。
3)昼夜を問わず提供されている保健医療提供体制の中での看護サービス組織と提供体制について明らかにすることができる。
4)家族や保健医療福祉職そして地域地域の資源との協働によるチーム医療体制の中での看護職の役割と専門性とその課題について明らかにすることができる。
5)人々の健康の回復・維持と疾病予防そして保健医療サービスの質の向上と改善に向けて、看護職がリーダーシップを発揮するべき課題について明らかにし、それらへの対応策を明らかにすることができる。17413
授業計画
実習期間 :原則として平成29年9月25日(月)から 10月6日(金)の 2週間
実習内容 :実習要綱を参照のこと
各看護専門領域が選定した実習施設により、実習内容と方法は異なる。
成績評価と基準
実習目的に対応した実習評価表により評価する。
履修上の注意
履修規定に定められた出席時間数を満たすことが単位認定の要件となる。
教科書
 
参考書・参考資料等
 
オフィスアワー
担当教員は実習期間中、教室や研究室、実習先施設において担当科目に関する質問を受け付けます。