HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要
区分
ホスピタリティとコミュニケーション 単 位
必修
科目名

ホスピタリティ論

2
担当者
井福 ゆう子[兼任] 配 当
1
開 講
前期
授業形態
講義
授業の概要
 効率性と利便性が重要視される時代にあっても、心の豊かさや人とのぬくもりが求められています。ホスピタリティはサービス業界のみならず、あらゆる業界にとっても必要不可欠な「心を求めるキーワード」になっています。真のホスピタリティとは何か、感性の磨き方や行動表現について学びます。
到達目標
 医療従事者は高い専門的な知識と技術だけでなく、同時に人間理解力と対応力が求められています。
ホスピタリティの感性を養い、行動表現を通して他者に伝える能力を深化させます。
授業計画
第1回
ホスピタリティの概念と精神
ホスピタリティの重要性について、事例を基に解説します。
事後学習 30分(内容をまとめてください)
第2回
日本文化に観るホスピタリティ
「おもてなし」「気配り」「惻隠の情」「一期一会」など、日本の心を紹介します。
事後学習 30分(内容をまとめてください)
第3回
「思いが行動をつくる」、自己分析と怒りのセルフコントロールに挑戦します。 事後学習 30分(自己分析をしてください)
第4回
非言語と言語によるホスピタリティを解説します。 事後学習 30分(メラビアンの法則ををまとめてください)
第5回
ホスピタリティの行動表現を解説します。 事後学習 30分(実際に動いて体感してください)
第6回
ホスピタリティの行動表現について、全員で繰り返し練習します。 事後学習 30分(指摘された部分を練習してください)
第7回
家族、友人、日常接点のある人たちへのホスピタリティを考えます。 事後学習 30分(内容をまとめてください)
第8回
研修先でのホスピタリティを考えます。
グループでホスピタリティの視点で話し合い、課題を見つけます。
事前学習 30分(研修体験をメモしておく)
事後学習 30分(内容をまとめてください)
第9回
アドラーの共同体感覚やマズローの人間の欲求などを通して、人間理解を深化させます。 事後学習 30分(アドラー心理をまとめてください)
第10回
ホスピタリティ溢れる言葉遣いについて解説します。 事後学習 30分(内容をまとめてください)
第11回
ホスピタリティ溢れた組織づくりとは・・・・
メンタルヘルス、人材育成などについて考えます。
事後学習 30分(内容をまとめてください)
第12回
サービスとホスピタリティの根本的な相違について解説します。 事後学習 30分(日常の中での相違について考えてください)
第13回
究極のホスピタリティとは・・・
サービス業界と福祉の分野のDVDを視聴して考えます。
事後学習 30分(内容をまとめてください)
第14回
ホスピタリティ溢れる看護を目指して・・・
医療看護に求められる課題を分析します。
事後学習(課題に向けての準備をしてください)
第15回
課題レポートの作成をします。 テーマに沿った課題レポートを作成します。
成績評価と基準
授業態度と参画意欲×30%、課題達成度×70%で総合的に評価します。
履修上の注意
段階的な学習を要します。
教科書
配布資料をテキストとして活用してください。
参考書・参考資料等
一般図書、特に新渡戸稲造『武士道』、アドラーの心理学など幅広く読んでください。
オフィスアワー
授業終了時に質問を受け付けます。