HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要
区分
ホスピタリティとコミュニケーション 単 位
選択
科目名

言語表現Ⅰ

2
担当者
井福 ゆう子[兼任] 配 当
1
開 講
前期
授業形態
講義
授業の概要
「言葉の力」についての考えを深めます。「言葉はその人そのもの」と言われますが、人を癒し励ます言葉とは何かを学びます。
対人関係に欠かせない思いやりや自分の考えを、可能な限り正確に的確に相手に伝える「話し方」を身につけることが目標です。
到達目標
発声方法と声の調子、硬い言葉と柔らかな言葉、場や状況に合った敬語の基本を習得します。
プレゼンテーションでは学生言葉や話し方の癖に気づき、分かりやすい表現方法や話の構成を学びます。
授業計画
第1回
視覚や聴覚といった非言語コミュニケーションの特徴について学びます。 事後学習 30分(内容を確認してください)
第2回
言語コミュニケーションの特性と限界について学びます。 事後学習 30分(内容を確認してください)
第3回
グローバル化による言語とは何かを学びます。 事後学習 30分(内容をまとめます)
第4回
音声表現に留意した会話法とは・・・・ 事後学習 30分(内容を確認してください)
朗読の練習 30分
第5回
命の言葉と、強い言葉や相手を傷つける言葉とは・・・・ 事後学習 30分(他者を傷つけた言葉、傷つけられた言葉の箇条書きしてください)
第6回
明るい言葉とプラスの言葉、クッション言葉とは・・・ 事後学習 30分(状況に見合ったクッション言葉の使い方を練習してください)
第7回
分かりやすい言葉、コミュニケーションレベルでの話し方の種類と使い分け 事後学習 30分(内容をまとめてください)
第8回
敬語表現の基本を学びます。 事後学習 30分(内容をまとめてください)
第9回
敬語表現の演習を行います。 事後学習 30分(内容をまとめてください)
第10回
敬語表現の演習を行います。 事後学習 30分(内容をまとめてください)
第11回
敬語表現の誤用について学習します。
状況と場に応じた言葉遣いのロールプレイを行います。
事後学習 30分(内容を確認してください)
第12回
状況と場に応じた言葉遣いのロールプレイを行います。
プレゼンテーションにも約束があります。
事後学習(プレゼンテーションの草案づくりを行います)
第13回
プレゼンテーション課題演習 事後学習 30分(内容を再確認してください)
第14回
プレゼンテーション課題演習 事後学習 30分(内容を再確認してください)
第15回
まとめと確認テスト 学習したことをテストで確認します。
成績評価と基準
授業態度と参画意欲20%、課題達成度20%、確認試験60%で総合的に評価します。
履修上の注意
段階的な学習を要します。
教科書
配布資料をテキストとします。
参考書・参考資料等
「広辞苑」が最高の参考書です。
オフィスアワー
授業終了時に質問を受け付けます。