HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要
区分
ホスピタリティとコミュニケーション 単 位
選択
科目名

人間と音楽

2
担当者
吉岡 しげ美[兼任] 配 当
1
開 講
前期
授業形態
講義
授業の概要
私たちが生活する上で、音楽は不可欠なものでしょう。悲しいとき、嬉しいとき・・・、音楽は、私たちのこころや身体に寄り添うようにして存在しています。医療の現場でも音楽は癒しであったり、コミュニケーションの手段であったりします。日本の童謡・唱歌に親しみ、童謡詩人金子みすゞの詩に触れ、音楽のこころと音楽を感じるこころの豊かさを学びます。また、施設に音楽交流ボランティアに行き、授業で学んだことを活かし、人間と音楽との関係を、実践的な視点を通して考察します。
到達目標
たくさんの童謡・唱歌を理解し、歌うことの意味を考えます。さまざまな楽器に触れ、医療の現場で活かせるようにしましょう。また、金子みすゞの詩を通し、生命に対する深い眼差しを学び、患者さまの心を感じとり、受け止める感性を養いましょう。音楽交流ボランティアで、利用者さまとの触れ合いを通し、看護師を目指すということの意味と意義を学びましょう。
授業計画
第1回
ガイダンス 事前学習(45分):人間や生活にとっての音楽について調べてみる。
事後学習(30分):医療の現場と音楽の関係について考えてみる
第2回
人間と音楽/自分自身と音楽について考えてみる。
童謡詩人金子みゞについての解説
事前学習(45分):童謡詩人金子みすゞについて調べる。
事後学習(30分):学んだことを復習する。
第3回
「春の童謡・唱歌」「金子みすゞの詩①」/日本の「春の童謡・唱歌」を学ぶ。金子みすゞの詩を読み、考察する。「大漁」ほか 事前学習(45分):日本の「春の童謡・唱歌」を調べる。
事後学習(30分):学んだ歌を復唱し、金子みすゞの詩を読み返し復習する。
第4回
「夏の童謡・唱歌」「金子みすゞの詩②」/日本の「夏の童謡・唱歌」を学ぶ。金子みすゞの詩を読み、考察する。「私と小鳥と鈴と」ほか 事前学習(45分):日本の「夏の童謡・唱歌」を調べる。
事後学習(30分):学んだ歌を復唱し、金子みすゞの詩を読み返し復習する。
第5回
「秋の童謡・唱歌」「金子みすゞの詩③」/日本の「秋の童謡・唱歌」を学ぶ。金子みすゞの詩を読み、考察する。「土」ほか 事前学習(45分):日本の「秋の童謡・唱歌」を調べる。
事後学習(30分):学んだ歌を復唱し、金子みすゞの詩を読み返し復習する。
第6回
「冬の童謡・唱歌」「金子みすゞの詩④」/日本の「冬の童謡・唱歌」を学ぶ。金子みすゞの詩を読み、考察する。「このみち」ほか 事前学習(45分):日本の「冬の童謡・唱歌」を調べる。
事後学習(30分):学んだ歌を復唱し、金子みすゞの詩を読み返し復習する。
第7回
「四季以外の童謡・唱歌」「金子みすゞの詩 ⑤」/親しまれている日本の童謡・唱歌を学ぶ。金子みすゞの詩を読み、考察する。「わらひ」ほか 事前学習(45分):四季以外の日本の童謡・唱歌で、良く知られている歌を調べる。
事後学習(30分):学んだ歌を復唱し、金子みすゞの詩を読み返し復習する。
第8回
昭和の流行歌/年配者に愛唱されている昭和の流行歌を学ぶ。 事前学習(45分):昭和の流行歌を調べ、時代背景などを考察する。
事後学習(30分):昭和の流行歌を復唱し、覚える。
第9回
遊び歌、振り付け/グループで遊び歌を歌い、童謡に振り付けをし、披露する。 事前学習(30分):遊び歌を調べる。
事後学習(30分):遊び歌、振り付けを確認する。
第10回
器楽合奏/簡単な楽器の仕組みを学び、音の効果を考え演奏し、アンサンブルの楽しさを体験してみる。 事前学習(30分):楽器の種類を調べる。
事後学習(45分):楽器の仕組みを理解しながら、授業で学んだ曲を練習する。
第11回
音楽交流ボランティアに向けて/施設での音楽交流ボランティアに向けて、効果的なプログラムについて検討する。 事前学習(45分):今までに学んだ歌を確認する。音楽交流の事例などを調べる。
事後学習(45分):プログラムの流れを確認し、歌、楽器、語りなど、個々人の取り組みの復習をする。
第12回
音楽交流ボランティアに向けての練習/施設での音楽交流ボランティアに向けて、プログラムの実践を行う。 事前学習(30分):構成したプログラムの流れを確認する。
事後学習(60分):プログラムの流れを確認し、歌、楽器、語りなど、個々人の担当部分、参加部分を確認、練習する。
第13回
音楽交流ボランティア/施設での音楽交流ボランティアの実施。 事前学習(60分):音楽交流ボランティアに向けて、歌、楽器、語りなどの練習をし、プログラムの流れを掌握した上でリハーサルをしてみる。
事後学習(30分):実践した音楽交流ボランティアについて、良かったところ、反省点をまとめる。
第14回
音楽交流ボランティアの反省/音楽交流ボランティアで学んだこと、感じたこと等の意見交換をする。 事前学習(60分):音楽ボランティアを通して感じたことなど、事前に考えをまとめておく。
事後学習(30分):意見交換に於けるさまざまな意見について考えをまとめておく。
第15回
まとめ 事前学習(60分):これまでの授業で学んだこと、得たことなどの考えをまとめておく。
事後学習(45分):この授業に対して授業内で記述した内容を確認する。
成績評価と基準
・授業参加度(30%)
・毎回授業で、プリントの記述をおこないますので、その内容(40%)
・授業への積極性(30%)などを総合して評価します。
履修上の注意
積極的にいろいろな音楽を聴いてください。また、さまざまな生活シーンの中で聞こえている音楽、音を意識してみてください。
この授業は、考えることとともに、参加をする姿勢が大切です。積極的に自分を表現してください。授業への遅刻、途中退出、私語(おしゃべり)などを慎んでください。
教科書
・吉岡しげ美 著、「金子みすゞをうたう」(クレヨンハウス刊)
・毎回テキスト用プリントを配布します。
参考書・参考資料等
 
オフィスアワー
授業開始時または終了時に、教室や講師控室にて担当科目に関する質問を受け付けます。