HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要
区分
環境理解領域 単 位
選択
科目名

都市生活環境論

2
担当者
瀬川 誠[兼任] 配 当
1
開 講
前期
授業形態
講義
授業の概要
 変貌する都市機能のなかで、流動化する「都市環境」「居住環境」の現状を中心に、従来型日本の生活形態の変化と対比しながら現代における都市の生活文化に迫ってみます。
到達目標
 環境破壊が深刻な問題となっている今日、現状認識と将来像の理解が強く求められます。人間が機能的に活動するには「健康的で快適な環境」であることの条件的な背景があります。
(1)都市を生活の舞台として働く生き甲斐、楽しさを見出す機会とする。
(2)都市の生活環境に溶け込んでいくプロセスで、都市生活に求められる一種の行動現象をどのように捉えるか。に、ついて考えます。
授業計画
第1回
総論/都市環境と問題の取組<その 1>
概論/都市公害と大気汚染の深刻さ ○環境アンケートの実施
第2回
総論/都市居住学<その2>  
周辺環境の変化(1) 思考演習 /覗き見の思考力と想像力
※全員のコメントフォロー
※アンケートの結果フォロー
第3回
総論/環境問題の基本<その 3>
周辺環境の変化(2) 着色演習①アウトドア・エリアゾーン
※全員のコメントフォロー
※思考演習の結果フォロー
第4回
概論Ⅰ都市生活と集合住宅
周辺環境の変化(3) 着色演習②アパートメントからの脱却
※全員のコメントフォロー
※演習①の結果フォロー
第5回
概論Ⅱ21世紀と都市生活
周辺環境の変化(4) 着色演習③ニーズの高度化・多様化
※全員のコメントフォロー
※演習②の結果フォロー
第6回
概論Ⅲ温暖化と屋上緑化
周辺環境の変化(5) 着色演習④ヒートアイランド現象の抑制
※全員のコメントフォロー
※演習③の結果フォロー
第7回
概論Ⅳ健康的な室内環境の理想
周辺環境の変化(6) 着色演習⑤室内環境の空間感覚
※全員のコメントフォロー
※演習④の結果フォロー
第8回
各論/人間と環境問題 【中間評価=筆記試験】
周辺環境の変化(7) 着色演習⑥パブリックエリアの考察 
※全員のコメントフォロー
※演習⑤の結果フォロー
第9回
各論/環境メディア<採光> 質疑 /大震災の影響と都市型の環境
周辺環境の変化(8) 着色演習⑦環境四季のチェック
※全員のコメントフォロー
※演習⑥の結果フォロー
第10回
各論/照明環境<あかり>
周辺環境の変化(9) 着色演習⑧照明の付加価値
※全員のコメントフォロー
※演習⑦の結果フォロー
第11回
各論/光の演出<シャンデリア>
周辺環境の変化(10) 着色演習⑨光のピース・バカラ
※全員のコメントフォロー
※演習⑧の結果フォロー
第12回
各論/色彩環境<色について>
周辺環境の変化(11) 着色演習⑩レインボーのコントラスト
※全員のコメントフォロー
※演習⑨の結果フォロー
第13回
各論/音環境<騒音について>
周辺環境の変化(12) 着色演習⑪ CDで聴く描く環境心理
※全員のコメントフォロー
※演習⑩の結果フォロー
第14回
各論/空調環境<換気について>
概論/暮らしの空気学 着色演習⑫憩いのオアシス(通風・換気)
※全員のコメントフォロー
※演習⑪の結果フォロー
第15回
各論/睡眠環境<寝具について>
資料 /ベッドの用語解説 【最終評価=筆記試験】
※全員のコメントフォロー
※演習⑫の結果フォロー
成績評価と基準
参加度等の通常点(15%)、コメント票(15%)、課題・レポート(20%)、試験(50%)により総合的に評価します。
履修上の注意
環境に対して興味、ある程度の理解があり、自身が都市生活者であることを想定すること。そのうえで忍び寄る環境破壊にどう身を守り向かい合うかについて問い質してほしい。
教科書
特定するものは予定せず適宜使用しますが、原則講義用プリントを配布する予定です。
参考書・参考資料等
環境問題再入門(岩淵孝:地歴社)、建築環境工学(今井与蔵:オーム社)、環境と空間(高橋鷹志:朝倉書店)、多目的地下室(東方洋雄:経済調査会)、室内汚染(吉川翠:井上書院)、色のはなし(色編集委員会:技報堂)、環境問題入門(山岡寛人:旬報社)、ドイツ発環境事情(今泉みね子:中央法規)、建築と音(田野正典:学芸出版) ほか
オフィスアワー
授業開始前または終了時に、教室や講師控室にて担当科目に関する質問を受け付けます。