HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要
区分
個人・家族の理解 単 位
選択
科目名

家族社会学

1
担当者
田島 恵美[兼任] 配 当
1
開 講
前期
授業形態
講義
授業の概要
 この講義では、まず、家族の様々な形をみながら、日本の家族の今と昔についてみていきます。次に、家族の前段階として結婚、結婚後におこることとして、共働きや、育児、主婦のこと、離婚などを見ます。最後に、家族でおきる問題として、ドメスティック・バイオレンスや児童虐待問題などを取り上げます。こうした家族への様々な角度からの検討を通じて、あたりまえの家族が、あたりまえでないことを学び、今後どのようになるのか考えていきます。
到達目標
1.日本における時代ごとの家族の特徴、移り変わりを理解できる。
2.家族について結婚や育児、共働きの状況とそれに伴う社会問題を理解できる。
3.自分にとって当たり前の家族が、時代と社会によって限定されているものだと理解し、自分と異なる他者と社会について理解できる。
授業計画
第1回
家族とは何か
(家族の歴史的。地域的多様性)
事後学習…配布した資料について復習し、次回授業開始時に行う確認テストに備えること。
第2回
昔の家族(日本における戦前の家族形態) 事後学習…配布した資料について復習し、次回授業開始時に行う確認テストに備えること。
第3回
家族の移り変わり(日本における戦後の家族形態と移り変わり) 事後学習…配布した資料について復習し、次回授業開始時に行う確認テストに備えること。
第4回
結婚、出産、子育ての現状 事後学習…配布した資料について復習し、次回授業開始時に行う確認テストに備えること。
第5回
共働き、離婚の現状 事後学習…配布した資料について復習し、次回授業開始時に行う確認テストに備えること。
第6回
家族の問題(DVや児童虐待) 事後学習…配布した資料について復習し、次回授業開始時に行う確認テストに備えること。
第7回
家族の問題(家事や介護と性別役割分業) 事後学習…配布した資料について復習し、次回授業開始時に行う確認テストに備えること。
第8回
今後の家族、まとめ 事前学習:今までの配布資料を見直し、あいまいな点を確認しておくこと。
成績評価と基準
期末試験を実施し、授業全体の理解度を問う。(70%)、
毎回の出席状況と、授業開始時の確認テスト(30%)
履修上の注意
 
教科書
特に指定しない。
参考書・参考資料等
講義時に適宜紹介する。
オフィスアワー
授業開始時または終了時に、教室や講師控室にて担当科目に関する質問を受け付けます。