HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要
区分
個人・家族の理解 単 位
必修
科目名

精神保健

1
担当者
仙田 志津代[専任]  橘 真澄[兼任] 配 当
2
開 講
前期
授業形態
講義
授業の概要
精神保健は、国民全体のメンタルヘルスを対象とし、精神障害の予防・治療、精神的健康の保持・増進を図る諸活動の全てを含む。この講義では、広義の全ての人を対象にした精神保健について学修する。
到達目標
1.心の健康と現代社会におけるメンタルヘルスについて理解できる。
2.精神障害の病態について理解できる。
授業計画
第1回
主な精神障害の理解
1)精神障害とは
2)統合失調症
事前学習(90分):精神障がい者について考えたことをまとめ教科書第を精読する。
事後学習(90分):学習内容をまとめる。
第2回
主な精神障害の理解
1)双極性障害及び関連障害
2)抑うつ症候群
事前学習(90分)で教科書をまとめてノートにまとめる。
事後学習(90分):学習内容をまとめる。
第3回
主な精神障害の理解
1)不安症群 /不安障害群
2)強迫症 /強迫性障害
3)心的外傷およびストレス因関連障害群
事前学習(90分)で教科書をまとめてノートにまとめる。
事後学習(90分):学習内容をまとめる。
第4回
主な精神障害の理解
1)依存症
2)パ−ソナリティ障害群
事前学習(90分)で教科書をまとめてノートにまとめる。
事後学習(90分):学習内容をまとめる。
第5回
精神保健の概要
(すべての人を対象にした精神保健)
・心の健康について考える
事前学習(90分)で教科書をまとめてノートにまとめる。
事後学習(90分):学習内容をまとめる。
第6回
1.暮らしの場と精神(心)の健康
1)学校と精神(心)の健康
2)職場・仕事と精神(心)の健康
3)地域における生活と精神(心)の健康
事後学習(90分):教科書をまとめてノートにまとめる。
事後学習(90分):学習内容をまとめる。
第7回
2.現代社会と精神(心)の健康
1)現代社会の特徴:社会構造の変化と社会病理
2)現代社会における精神保健の主な問題
事前学習(90分):自身の心の健康について考えてまとめる。
事後学習(90分):現代の社会の中で心の健康について問題になっていることを捉えて、ノートにまとめる。
第8回
発表・まとめ 事前学習(90分):これまでの授業内容を振り返り、本時の授業につなげることができるように、不足している部分については復習しておく。
事後学習(90分):学習内容をまとめる
成績評価と基準
<レポート>
・課題は、最終回の授業で提示します。与えられた課題を講義内容の視点と絡めて深く考察しているかどうかを評価します。
・授業の取り組み、出席状況20%、グループワーク・授業レポート10%、最終レポート点70%とする。
履修上の注意
・新聞・テレビ・雑誌などメンタルヘルスに関するものを普段から興味を持ち、見たり、読んだりする中で自分なりに考える習慣を身につけること。
・毎回の授業を通して、自分について考える機会にし、心の看護に繋げて考える。
教科書
岩崎弥生 渡邊博幸編集(2016):新体系 看護学全書 精神看護学1 精神看護学概論、精神保健、メヂカルフレンド社.
岩崎弥生 渡邊博幸編集(2016):新体系 看護学全書 精神看護学2 精神障害をもつ人の看護、メヂカルフレンド社.
参考書・参考資料等
授業内で適宜紹介する。
オフィスアワー
仙田 志津代  火(12:30〜13:30) 木(16:00〜17:00)
橘 真澄  授業開始前または終了時に、教室や講師控室にて担当科目に関する質問を受け付けます。