HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要
区分
個人・家族の理解 単 位
選択
科目名

生命倫理

1
担当者
北浦 暁子[兼任] 配 当
1
開 講
後期
授業形態
講義
授業の概要
この講義は、いのちに関わる専門職として活動する上で欠かせない生命倫理について理解するとともに、答えを導き出すことが困難な課題に対して、ディスカッションによって多様な価値観に気付く学習体験をしていただくことを意図しています。
到達目標
1. 生命倫理の基本的知識を理解する。
2. いのちとそれを取り巻く多くの課題を生命倫理の視点から考える。
授業計画
第1回
生命倫理を学ぶにあたって 次回までの事前課題と事後課題内容は講義初回及び各講義開始時に資料とともに提示する。
第2回
生命倫理の基本的考え方
《いのち》についてのいくつかの考え方とともに、生命倫理の基本的視点、歴史的変遷をたどる。
第3回
生命倫理の現場①生命誕生をめぐる諸問題
人工授精や体外受精などの生殖補助技術、およびクローン技術、出生前診断等をめぐる倫理的問題を考える。
第4回
生命倫理の現場②移植医療における課題
移植医療と移植医療に深く関係する脳死の問題について、特に新たな動きの多い領域であることをふまえ、現状を理解し考える。
第5回
生命倫理の現場③終末期医療における課題
終末期と緩和ケア、自己決定権、安楽死や尊厳死の選択について多面的に考える。
第6回
人間の尊厳と価値①インフォームドコンセント
患者―医療者関係、事前指示(advance directive)
インフォームドコンセントの歴史、成立要件、課題
第7回
人間の尊厳と価値②個人情報保護
医療情報の特徴、守秘義務、プライバシー、個人情報保護法
第8回
まとめと課題レポートについて
倫理原則、社会の中のさまざま倫理の概観と、これまでの具体的な場面での検討を統合して考える。
成績評価と基準
成績評価は、授業参加度にレポート, コメント票などの内容を考慮して総合的に判断します。
授業参加度 60%(出席及びコメント票の内容により評価、ディスカッションへの参加姿勢を含む)
課題レポート提出 40%(期日厳守、内容により評価)
*出席は講義の最後には、その日の課題を書いてもらう「コメント票」を通じてカウントされていきます。
遅刻者には原則コメント票は配布しません。
履修上の注意
※上記のスケジュールは予定ですので、諸事情により変更する可能性があります。
※パワーポイントは使用しません。配布資料に沿った講義と全員参加のグループディスカッションが必須です。
教科書
テキストは指定なし。
参考書・参考資料等
資料等を毎回配布。
オフィスアワー
授業開始前または終了時に、教室や講師控室にて担当科目に関する質問を受け付けます。