HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要
区分
個人・家族の理解 単 位
選択
科目名

ヒューマンセクシュアリティ論

1
担当者
大賀 明子[専任] 配 当
4
開 講
前期
授業形態
講義・演習
授業の概要
人間の性に関する事実の正しい認識を持つとともに、人間にとって性の意味を考察する。
セクシュアリティを理解するために、性の分化、パターン、メカニズム、性的アイデンティティ、性の対象・指向、生殖などいくつかの側面から考察していく。
さらに、性分化疾患、性同一性障害、インターセックス、ホモセクシュアルなど、セクシュアルマイノリティへの理解を深め、自己の価値観について考える機会とする。
到達目標
1.セクシュアリティの概念的枠組みを理解する。
2.セクシュアリティとセクシュアル・ヘルスの定義を理解する。
3.性に関するいくつかの視点から人間の性を理解する。
4.性分化疾患、LGBTの概念を正しく理解し、自分の意見を持つことができる。
5.セクシュアリティに支援を必要とする対象の立場に立ち、対象の理解とともにさまざまな倫理的課題を知り、自分の価値観に気づく。
6.セクシュアリティへの支援について看護が持つ機能と役割を考え、個人としての意見を持つとともに、看護職者としての態度を考えることができる。
授業計画
第1回
[授業ガイダンス]授業概要・学習目標・評価・他について
[性とは何か]セクシュアリティに関する定義を知り、いくつかの視点から性のとらえ方を学び、上げ小グループで話題提供する題材を選ぶ。
事前学習(30分)履修に関する意志決定
事後学習(180分)授業計画を理解し、学習者の役割を確認するテキストを用いて授業プリントを復習する
課題発表をおこなうグループメンバーと課題発表に関する学習計画を立てる
第2回
第3回
[話題提供とディスカッション 1] グループで選んだセクシュアリティに関する映画を鑑賞し、テーマとなっていることについて発表するとともに、クラス全体でディスカッションする 事前学習(90分)発表資料を事前に提出する担当グループは、ディスカッションのテーマを決めておくとともに、テーマに関する事前学習をおこない説明できるよう準備する
事後学習(30分)次回のテーマに関するトピックスに関心を向け、ディスカッションできるよう意見を持つ
第4回
第5回
[話題提供とディスカッション 1] グループで選んだセクシュアリティに関する映画を鑑賞し、テーマとなっていることについて発表するとともに、クラス全体でディスカッションする 事前学習(90分)発表資料を事前に提出する担当グループは、ディスカッションのテーマを決めておくとともに、テーマに関する事前学習をおこない説明できるよう準備する
事後学習(30分)次回のテーマに関するトピックスに関心を向け、ディスカッションできるよう意見を持つ
第6回
第7回
[話題提供とディスカッション 1] グループで選んだセクシュアリティに関する映画を鑑賞し、テーマとなっていることについて発表するとともに、クラス全体でディスカッションする 事前学習(90分)発表資料を事前に提出する担当グループは、ディスカッションのテーマを決めておくとともに、テーマに関する事前学習をおこない説明できるよう準備する
事後学習(30分)4回のテーマに関するトピックスに関心を向け、自分の意見をまとめる
第8回
成績評価と基準
テーマの設定と問題提起の独自性、発表資料(30%)およびディスカッションへの取り組み(30%)と自己の意見を述べる授業内レポート(40%)で評価する。
履修上の注意
ヒューマンセクシャリティの内容にとどまらず、主体的な取り組みと情報発信を行いながら、ともに考えてみようという学生の履修を希望します。履修学生数により、グループ数を決定する。履修学生が多数となるときには、授業計画を変更することがあります。
教科書
特に指定しません。
参考書・参考資料等
ミルトン・ダイアモンド 田草川まゆみ訳 人間の性とは何か 小学館 1984 など、授業内で紹介する。
オフィスアワー
水(12:30〜13:30),(16:00〜17:00) 実習等で不在の場合があります。原則アポイントメントをとってください。上記を基本としますが、随時、質問等を受け付けます