HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要
区分
集団・地域の理解 単 位
必修
科目名

社会福祉学

1
担当者
船水 浩行 配 当
1
開 講
後期
授業形態
講義
授業の概要
 現代社会における「社会福祉」は、各国の文化、社会・経済状況等の諸要因により、構造、形態、財源等に相違は見られるが、人々の生活の維持、向上のために必要不可欠の制度となってきている。 従って、「社会福祉」という用語はとてもポピュラーなものとなっており、マスコミにもしばしば登場し、選挙があれば多くの候補者がその充実を公約に掲げる。しかし、改めて「社会福祉とは」と問いかけられたとき、 上手く答えることができる人は少ないのではないだろうか。 この授業では、こうしたことから、「社会福祉」とはなぜ人々の生活にとって不可欠な社会的な仕組みとなってきたのかを踏まえつつ、わが国社会福祉がどのように構築されてきたのかを概観し、 主要ないくつかの制度を取りあげて現状と課題を考察していく。また、その中で、社会福祉のサービス利用者への関わりや方法、専門職のあり方、連携などについて理解を深めることも目的とする。
到達目標
 わが国における「社会福祉」の制度等を学び、患者等に必要な社会資源を考察することができる。
授業計画
第1回
はじめに〜現代社会における社会福祉の理念、意義と役割 現代社会における生活問題と社会福祉のつながり、生存権の意義等について学ぶ。 授業後は、講義内容をまとめ復習する
第2回
社会福祉の理念と制度の展開過程   社会福祉はなぜ社会的制度となってきたのかを考察する。 授業後は、講義内容をまとめ復習する
第3回
わが国社会福祉の戦後の枠組みの特徴と課題   昭和20年代に枠組みが構築されたわが国社会保障制度体系における社会福祉の位置づけ、その枠組みと特徴等について整理する。 授業後は、講義内容をまとめ復習する
第4回
わが国における社会福祉の潮流  行政を中心に、戦後のわが国の社会福祉を巡る主要な動向について概観する。 授業後は、講義内容をまとめ復習する
第5回
社会保障構造改革、社会福祉基礎構造改革等の具体化1   前2回を踏まえつつ、なぜ、社会福祉基礎構造改革等が図られることとなったのかを考察する。 授業後は、講義内容をまとめ復習する
第6回
社会保障構造改革、社会福祉基礎構造改革等の具体化2   社会保障構造改革により新たに制度化された介護保険をとりあげ、その導入の経過、制度概要を理解する。 授業後は、講義内容をまとめ復習する
第7回
社会保障構造改革、社会福祉基礎構造改革等の具体化3   介護保険の実施状況とその課題について考察する。 授業後は、講義内容をまとめ復習する
第8回
まとめ 授業後は、講義内容をまとめ復習する
成績評価と基準
定期試験(持込不可)90%、その他10%
履修上の注意
特になし
教科書
使用しない
参考書・参考資料等
随時紹介する
オフィスアワー
授業開始前または授業時間終了時に、教室や講師控え室にて担当科目に関する質問を受け付けます。