HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要
区分
集団・地域の理解 単 位
必修
科目名

公衆衛生学

2
担当者
星山 佳治[兼任] 配 当
1
開 講
後期
授業形態
講義
授業の概要
 集団における疾病予防、健康増進および寿命の延長について講義します。また、公衆衛生学の理論的基盤である疫学と統計学についても触れることにします。
到達目標
 疾病予防、健康増進および寿命の延長の具体的な方法を理解している。
授業計画
第1回
序論 :健康の測定や健康指標のほか、人口統計や疾病統計などについて 授業内に話した箇所を中心に教科書などの該当箇所の復習を怠らない事(以下同様)
第2回
第3回
環境保健 :生活から地球までの多くの環境問題について
第4回
第5回
疾病予防と健康管理 :疾病リスクと予防対策、健康管理の方法について
第6回
第7回
地域保健と衛生行政 :地域社会、地域保健活動と行政について
第8回
第9回
母子保健 :母子保健の水準、母子保健活動と行政について
第11回
学校保健 :学校保健の組織と運営、学校保健管理について
第12回
産業保健 :働く人々の健康、職業病、安全衛生対策について
第13回
老人保健 :加齢、老化、生活習慣病について
第14回
精神保健 :健康な精神、精神障害、精神保健福祉対策について
第15回
国際保健 :途上国の健康問題、日本の保健医療の国際協力について
成績評価と基準
期末に行う定期試験100%にて評価。授業の内容全般についての理解度を評価します。
履修上の注意
予習の必要はありません。私語は原則禁止します。
教科書
「わかりやすい公衆衛生学」第4版 ヌーヴェルヒロカワ
参考書・参考資料等
配布します。
オフィスアワー
授業開始前または終了時に、教室や講師控室にて担当科目に関する質問を受け付けます。