HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要
区分
健康の理解 単 位
必修
科目名

形態機能学I(解剖学) 

2
担当者
清水 一彦[兼任] 配 当
1
開 講
通年
授業形態
演習
授業の概要
 解剖学は全ての医療系の最も基盤となる教科なので、これを十分に理解しなければ他の医療系科目も理解できません。そこで本講義では人体の正常構造を十分に理解・記憶してもらうために、器官別系統的に板書を中心として解説していきます。また、解剖学は知識として暗記すれば良いわけではありません。人体の様々な形態が機能と密接な関係にある事を知ってもらうために、必要に応じて組織学的な内容やトピック的な話題も取り入れます。最終的に、国家試験に必要な解剖学的知識だけでなく、他の科目との関係や臨床的に必要な解剖学的知識の獲得を目指します。
到達目標
1:臓器・器官の名称、位置、機能を説明できる。
2:各臓器・器官の形態、構造と機能を他の臓器と関連づけて説明できる。
3:基本的な組織の構造と機能を臓器・器官の特徴と関連づけて説明できる。
授業計画
第1回
人体の基本的な構造と機能。解剖学用語。ノートの纏め方。 事前学習 :教科書に目を通しておく。
事後学習 :教科書・配布資料等を用いてノートを纏める。
第2回
人体の階層性(細胞・組織・器官) 同上
第3回
骨学1(総論、椎骨、体幹の骨) 同上
第4回
骨学2(四肢の骨) 同上
第5回
骨学3(頭蓋骨) 同上
第6回
筋学1(総論) 同上
第7回
筋学2(頭頸部の筋、体幹の筋) 同上
第8回
筋学3(四肢の筋) 同上
第9回
消化器1(総論) 同上
第10回
消化器2(口腔、咽頭、食道) 同上
第11回
消化器3(胃、小腸、大腸) 同上
第12回
消化器4(肝臓、胆嚢、膵臓) 同上
第13回
呼吸器1(総論、鼻腔、喉頭) 同上
第14回
呼吸器2(気管、気管支、肺) 同上
第15回
泌尿器1(総論、腎臓) 同上
第16回
泌尿器2(尿管、膀胱、尿道) 同上
第17回
生殖器 同上
第18回
循環器1(総論、心臓、肺循環) 同上
第19回
循環器2(大血管、頭頸部の血管系) 同上
第20回
循環器3(四肢の動脈・静脈) 同上
第21回
循環器4(静脈、リンパ管) 同上
第22回
神経1(総論、脊髄(中枢神経系1)) 同上
第23回
神経2(脳(中枢神経系2)) 同上
第24回
神経3(脳神経) 同上
第25回
神経4(脊髄神経) 同上
第26回
神経5(自律神経系) 同上
第27回
感覚器(皮膚、眼、耳、鼻、他) 同上
第28回
内分泌(下垂体、甲状腺、膵臓、他) 同上
第29回
リンパ臓器(リンパ節、胸腺、脾臓) 同上
第30回
まとめ 事後、今までの作成したノートを再確認すること
成績評価と基準
試験(85%)、授業参加度(15%)により総合的に評価する。
履修上の注意
手書きでノートを作成すること。また、色鉛筆など(12色あれば十分)を持参すること。
学習範囲が膨大なため、講義内容は一週間以内に必ず復習しておくこと。
見学実習はご献体された方やそのご遺族に失礼のないよう、真摯な態度で臨むこと。
教科書
系統看護学講座 専門基礎分野 解剖生理学 人体の構造と機能1(第9版)  医学書院
参考書・参考資料等
配布プリント。
人体の正常構造と機能 全10刊(縮小版)日本医事新報社
オフィスアワー
授業開始前に、教室や講師控室にて担当科目に関する質問を受け付けます。