HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要
区分
健康の理解 単 位
必修
科目名

形態機能学Ⅱ(生理学)

1
担当者
矢田 俊彦〔兼任〕  中田 正範〔兼任〕  岩崎 有作〔兼任〕  須山 成朝〔兼任〕 配 当
1
開 講
後期
授業形態
演習
授業の概要
看護の対象である人間の身体の基本構造の理解に立ち、諸機能が正常に働いている健康状態を学ぶことを通じて、健やかな生活を送るための看護援助の方向性を見定める基礎とする。 人間が、外界とのやり取りを通じた相互作用の中で、生命を維持し、恒常性を保ちながらよりよく生きるためのメカニズムを学びながら、その知識を有機的に統合して定着させることを目指して学修する。
到達目標
1)全身の各器官の機能とその調節の基本的なとらえ方とつながりについて理解し、生活のあり方の基盤に位置づけて学ぶ。
2)正常機能(生理学)とその破綻としての病気(病理学・病態治療学)の関連を理解し、疾病の成立と回復を過程として学ぶ。
3)機能(生理学・生化学)と構造(解剖学)の関係を理解し、人間の生活において統合して考える意義を学ぶ。
4)分析的な視点(部分)と統合した視点(全体)を行き来して(細胞−臓器−器官−個体)人間の身体をとらえる意義を学ぶ。
授業計画
第1回
生理学概論 <矢田>く 事前学習 解剖学の内容を整理しておく。
事後学習 今回の内容を復習する。
第2回
循環器@:ポンプ機能、血圧・血管の調節 <岩ア> 事前学習 前回の内容を確認しておく。
事後学習 今回の内容を復習する。
第3回
循環器A:全身の物質運搬、血液成分と凝固作用 <岩ア> 同上
第4回
呼吸器@:呼吸運動、換気・ガス交換 <中田> 同上
第5回
呼吸器A:酸素化・ガス分圧、内呼吸 <中田> 同上
第6回
脳・神経@:脳の機能局在と統合 <須山> 同上
第7回
脳・神経A:神経性調節 <須山> 同上
第8回
内分泌@:ホルモン分泌調節、ストレス反応 <矢田> 同上
第9回
内分泌A:栄養代謝、成長と生殖 <矢田> 同上
第10回
消化器@:摂取・消化機構 <矢田> 同上
第11回
消化器A:吸収・排泄機構 <矢田> 同上
第12回
内部環境調整:体温調節、体液調節 <岩ア> 同上
第13回
腎・泌尿器 <岩ア> 同上
第14回
運動器 <須山> 同上
第15回
感覚器、まとめ <須山> 事前学習 前回の内容を確認しておく。
事後学習 これまでの内容を整理する。
成績評価と基準
定期試験(90%)、授業への参加度(10%)で総合的に評価する。学習状況の確認のため、必要に応じて中間試験を実施します。
履修上の注意
形態機能学TUV全体通して、人間の身体の内部構造と各器官の連携により営まれる生命維持機能とその恒常性について理解を深められるように、 自身で科目の学びを重ねつつ学びを関連させていってください。
教科書
坂井建雄「系統看護学講座専門基礎分野 人体の構造と機能1解剖生理学 第10版」医学書院、2018
堺章「目でみるからだのメカニズム 第2版」医学書院、2016
参考書・参考資料等
岡田隆夫 編集「カラーイラストで学ぶ集中講義 生理学 改訂2版」メジカルビュー社、2014
川上正舒・野田泰子・矢田俊彦 監修「からだと病気のしくみ図鑑」法研、2012
坂井建雄・河原克雅 編集「カラー図解 人体の正常構造と機能 全10巻縮刷版 第3版」日本医事新報社、2017
オフィスアワー
科目に関する質問等は、授業時またはその前後に教室や講師控室にて受け付けます。