HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要
区分
健康の理解 単 位
必修
科目名

形態機能学Ⅱ(生理学)

1
担当者
西林 文子[兼任] 配 当
1
開 講
後期
授業形態
演習
授業の概要
皆さんは将来、看護師として人の「いのち」に関わる仕事に携わります。人の「いのち」に関わる仕事をするためには、人間が生きて生活しているとはどういうことかを知らなければなりません。それを学んでいくことが生理学の授業です。具体的には、生命活動(代謝)、ホメオスタシス(恒常性の維持とは)、代謝器官(内臓)のしくみと機能、運動器官(骨や筋肉など)のしくみと機能、統括器官(脳細胞・神経とホルモン)のしくみと機能について学修していきます。2年次以降、病気や看護実践について学んでいく過程でも、生理学は土台となるものです。しっかり学んでほしいと思います。
到達目標
生きて生活している人間の全体像を描けるようにすることを目標とします。そのためには生理学の知識を体系的に理解できることが必要です。
授業計画
第1回
生理学概論―考え方の筋道を説く 事前学習 前回の内容を復習しておく。
事後学習 今回の内容を復習する。
第2回
食と排泄(口腔から肛門まで)(1)−消化吸収器官のしくみと働き① 事前学習 前回の内容を復習しておく。
事後学習 今回の内容を復習する。
第3回
食と排泄(口腔から肛門まで)(2)−消化吸収器官のしくみと働き② 同上
第4回
内部環境の調節(腹部臓器のはたらき)(1)−肝臓のしくみと働き 同上
第5回
内部環境の調節(腹部臓器のはたらき)(2)−腎臓のしくみと働き 同上
第6回
生命の源(胸部臓器のはたらき)(1)−呼吸器器官のしくみと働き 同上
第7回
生命の源(胸部臓器のはたらき)(2)−呼吸から循環へ 同上
第8回
生命の源(胸部臓器のはたらき)(3)−循環器官のしくみと働き 同上
第9回
人の個人的支配統合(頭部のはたらき)(1)−脳・神経のしくみと働き① 同上
第10回
人の個人的支配統合(頭部のはたらき)(2)−神経とのしくみと働き②
地球における相互浸透(人と外界)−感覚器官のしくみと働き
同上
第11回
人の個人的支配統合(頭部のはたらき)(3)−ホルモンを介した働き① 同上
第12回
人の個人的支配統合(頭部のはたらき)(4)−ホルモンを介した働き② 同上
第13回
生活の創造と土台の移動−運動器官のしくみと働き 同上
第14回
生命の連続性(妊娠・分娩・育児) 同上
第15回
全身の内部構造(人のからだの有機的つながり) 同上
成績評価と基準
出席状況、授業への参加度(10%)、試験(70%)、提出課題(20%)により、総合的に評価します。
履修上の注意
教科書は必ず購入してください。
教科書
薄井坦子著「ナースが視る人体」(講談社)
参考書・参考資料等
薄井坦子、P江千史著「看護の生理学(1)〜(3)」(現代社)
オフィスアワー
授業開始前または終了時に、教室や講師控室にて担当科目に関する質問を受け付けます。