HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要
区分
健康の理解 単 位
必修
科目名

形態機能学Ⅲ(生化学)

1
担当者
福山 隆[兼任] 配 当
1
開 講
前期
授業形態
演習
授業の概要
生物体が構成している成分(主にタンパク質、糖質、脂質、核酸)や生物体内で進行する代謝について理解する。また、生化学が医療分野・生活環境でどのように応用されているか学習する。
到達目標
講義終了時には我々のからだがどのように構築されているか、栄養素がどのように活用されるか(代謝)が理解できる。
授業計画
第1回
生化学概論 生化学という学問のポジションについて理解する。
第2回
生体の成り立ちと生体分子 器官、組織、細胞の構成と細胞におけるタンパク質、糖、脂質、核酸の存在部位について把握する。
第3回
タンパク質の性質①−構成成分と構造−  「アミノ酸、ペプチド結合、一〜四次構造」を用いてタンパク質の構造について説明できるようになる。
第4回
タンパク質の性質②−機能− 「変性、失活、アルブミン、グロブリン」を用いて血中タンパク質の構成、機能および機能喪失について説明できるようになる。
第5回
酵素の性質と働き 「基質特異性、補酵素、ミカエリス定数、反応速度、変性、疾病診断」を用いて酵素の性質について説明できるようになる。
第6回
生体内における糖質の代謝①−構成成分と構造− 「多価アルコール、グルコース、単糖、多糖」を用いて糖の構成と構造を説明できるようになる。
第7回
生体内における糖質の代謝②−エネルギー生成− 「解糖系、クエン酸回路、電子伝達系、アセチルCoA」を用いて糖代謝と血糖調整を説明できるようになる。
第8回
生体内における糖質の代謝③−血糖調整− 「グリコーゲン、インスリン」を用いて血糖値の調整を説明できるようになる。
第9回
生体内における脂質の代謝①−構成成分と構造− 「脂肪酸、アルコール、ステロール」を用いて脂質の成分と構造を説明できるようになる。
第10回
生体内における脂質の代謝②−代謝とリポタンパク質の役割− 「β酸化、アセチル CoA、リポタンパク質、アポリポタンパク質、カイロミクロン、VDL、HDL」を用いて脂質の代謝と体内での状態について説明できるようになる。
第11回
生体内におけるアミノ酸及びタンパク質の代謝 「脱アミノ反応、脱炭酸反応、尿素回路、糖新生」を用いてアミノ酸の代謝について説明できるようになる。
第12回
生体内における核酸の役割①−構成成分と構造− 「リン酸、リボース、塩基、ヌクレオチド」を用いて核酸の構成について説明できるようになる。
第13回
生体内における核酸の役割②−2つの役割− 「複製、転写、翻訳、セントラルドグマ」を用いて核酸の 2つの役割を説明できるようになる。
第14回
ホルモン /ビタミン /内部環境の恒常性 /消化吸収 各項目の重要事項を把握する。
第15回
試験 筆記試験
成績評価と基準
試験100%、理解度を確認するためにレポート及びミニテストを不定期に実施します。
履修上の注意
化学・生物学を履修していない学生は友だちや先輩から高校の教科書を借りて自習をしっかりと行ってください。怠るとちんぷんかんぷんです。
教科書
分かりやすい生化学 −疾病と代謝・栄養の理解のために− ヌーベルヒロカワ発行
参考書・参考資料等
(マンガ) 好きになる生化学(田中越郎 著):講談社 (カラー図解) アメリカ版 大学生物学の教科書(第1巻 細胞生物学、第2巻分子遺伝学、第3巻分子生物学;講談社ブルーバックス)
オフィスアワー
講義終了後に30分程度、教室もしくは講師控室にて質問を受け付けます。