HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要
区分
健康の理解 単 位
必修
科目名

病理学

1
担当者
大野 良三[兼任] 配 当
1
開 講
後期
授業形態
演習
授業の概要
 病態治療学Ⅰ〜Ⅲで学ぶ臨床医学の理解を容易とするため、それぞれの臓器系におこる代表的な疾患の病態と、その基礎となる細胞・組織の傷害と修復、および障害局所でみられる基本的な病変の機序について学習する。
到達目標
1.細胞・組織の傷害とその修復の機序について簡単に説明できる。
2.疾病をきたす各種の要因について簡単に説明できる。
3.基本的な病変(炎症と免疫、循環障害、先天異常、代謝・内分泌障害、腫瘍)の機序について簡単に説明できる。
4.人体の各臓器系の代表的な疾患と主要な症候を挙げ、その病態について簡単に説明できる。
授業計画
第1回
オリエンテーション、細胞・組織の傷害と修復 1
病理学の目的と方法を説明できる。
細胞の構成と細胞内小器官の役割を簡単に説明できる。
組織と器官(臓器)について簡単に説明できる。
刺激に対する細胞の適応を列挙し、説明できる。
細胞(組織)の変性について簡単に説明できる。
細胞の死(壊死とアポトーシス)について簡単に説明できる。
事後学習として、教科書の第2章:細胞・組織の障害と修復 Aを学習するとともに、次回までに本日のプリントを復習しておくこと。
第2回
細胞・組織の傷害と修復2、疾病の要因
傷害された組織の再生と修復について説明できる。
創傷治癒とその遅延因子について説明できる。
疾病の要因を列挙し、簡単に説明できる。
生体の防御機構について簡単に説明できる。
炎症と免疫に関与する細胞について簡単に説明できる。
サイトカインとケモカインについて簡単に説明できる。
事前学習として、教科書の第2章:細胞・組織の障害と修復 Bを予習しておくこと。また、次回までに本日のプリントを復習しておくこと。
第3回
基本的な病変とその機序1:炎症と免疫
炎症の原因を列挙できる。
急性炎症の病態を、炎症の5徴候との関連で簡単に説明できる。
慢性炎症の病態を、簡単に説明できる。
炎症の種類を挙げ、それぞれの違いを簡単に説明できる。
炎症の各型を示す代表的な疾患を述べることができる。
生体の防御機構について簡単に説明できる。
液性免疫と細胞性免疫の機構を簡単に説明できる。
アレルギーと自己免疫疾患について概説できる。
事前学習として、教科書の第4章:炎症と免疫、移植と再生医療 A〜Bを予習しておくこと。また、次回までに本日のプリントを復習しておくこと。
第4回
基本的な病変とその機序2:循環障害
浮腫の機序を簡単に説明できる。
充血とうっ血の機序を簡単に説明できる。
うっ血、浮腫をきたす代表的な疾患を列挙できる。
チアノーゼ、胸水、腹水の機序を簡単に説明できる。
出血と虚血の機序を簡単に説明できる。
出血や虚血をきたす代表的な疾患を列挙できる。
事前学習として、教科書の第3章:循環障害 A〜Jを予習しておくこと。また、次回までに本日のプリントを復習しておくこと。
第5回
基本的な病変とその機序3:先天異常、代謝障害、内分泌障害
先天異常の分類を述べることができる。
先天性奇形と胎児期の外因性奇形について簡単に説明できる。
染色体・遺伝子異常による疾患の病態を簡単に説明できる。
各種の代謝異常症の病態について概説できる。
内分泌と外分泌の違いを述べることができる。
ホルモンのフィードバック機構について簡単に説明できる。
甲状腺機能亢進症を例にとり、内分泌疾患の病態を概説できる。
事前学習として、形態機能学 Ⅱ:ホルモンを介した働きについて復習し、さらに教科書の第8章:先天異常と遺伝子異常 A〜C、第6章:代謝障害 A〜C、および第15章:内分泌系の疾患 Aを予習しておくこと。また、次回までに本日のプリントを復習しておくこと。
第6回
基本的な病変とその機序4:腫瘍
腫瘍細胞の特徴を述べることができる。
良性腫瘍と悪性腫瘍の違いを説明できる。
上皮性腫瘍と非上皮性腫瘍について簡単に説明できる。
悪性腫瘍の TNM分類について概説できる。
腫瘍の発生メカニズムについて簡単に説明できる。
悪性腫瘍の一般的症候を述べることができる。
事前学習として、教科書の第9章:腫瘍 A〜Cを予習しておくこと。また、次回までに本日のプリントを復習しておくこと。
第7回
呼吸器系の疾患
呼吸器系の症候(咳嗽、喀痰、喀血、チアノーゼ、呼吸困難)について簡単に説明できる。
呼吸不全の病態を簡単に説明できる。
肺炎の種類を列挙し、その病態を簡単に説明できる。
拘束性肺疾患(間質性肺炎)の病態を簡単に説明できる。
閉塞性肺疾患(慢性気管支炎、肺気腫、気管支喘息)の病態を簡単に説明できる。
肺うっ血と肺水腫の病態を簡単に説明できる。
肺塞栓症の病態を簡単に説明できる。
肺がんの病態を簡単に説明できる。
事前学習として、形態機能学Ⅰ:呼吸器 1〜2、形態機能学Ⅱ:呼吸器官のしくみと働きについて復習し、さらに教科書の第12章:呼吸器系の疾患 ABを予習しておくこと。また、次回までに本日のプリントを復習しておくこと。
第8回
循環器系の疾患
循環器系の症候(胸痛、動悸、不整脈、ショック)について簡単に説明できる。
血管系の疾患(動脈硬化症、動脈瘤など)の病態を簡単に説明できる。
心不全の病態を簡単に説明できる。
虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)の病態を簡単に説明できる。
心臓弁膜症と先天性心疾患の病態を概説できる。
事前学習として、形態機能学Ⅰ:循環器 1〜2、形態機能学Ⅱ:循環器官のしくみと働きについて復習し、さらに教科書の第10章:循環器系の疾患 ABを予習しておくこと。また、次回までに本日のプリントを復習しておくこと。
第9回
消化器系の疾患 1
消化器系の症候(腹痛、嘔気・嘔吐、下痢と便秘、吐血、下血)について簡単に説明できる。
食道炎、胃炎、胃潰瘍・十二指腸潰瘍の病態を簡単に説明できる。
過敏性腸症候群の病態を簡単に説明できる。
炎症性腸疾患(クローン病、潰瘍性大腸炎)の病態を簡単に説明できる。
虫垂炎と腹膜炎の病態を簡単に説明できる。
イレウスの種類を列挙し、その病態を簡単に説明できる。
食道がん、胃がん、大腸がんの病態を簡単に説明できる。
事前学習として、形態機能学Ⅰ:消化器 1〜3、形態機能学Ⅱ:消化吸収器官のしくみについて復習し、さらに教科書の第13章:消化器系の疾患 A〜Cを予習しておくこと。また、次回までに本日のプリントを復習しておくこと。
第10回
消化器系の疾患2(肝・胆・膵)
肝・胆・膵の構造を概説できる。
黄疸の病態を簡単に説明できる。
急性肝炎、慢性肝炎、劇症肝炎の病態を簡単に説明できる。
肝硬変症の病態を簡単に説明できる。
肝不全の病態を簡単に説明できる。
胆石症、急性胆嚢炎・慢性胆嚢炎の病態を簡単に説明できる。
急性膵炎・慢性膵炎の病態を簡単に説明できる。
肝がん、胆管がん、膵がんの病態を簡単に説明できる。
事前学習として、形態機能学Ⅰ:消化器 4、形態機能学Ⅱ:肝臓のしくみみと働きについて復習し、さらに教科書の第13章:消化器系の疾患 D〜Eを予習しておくこと。また、次回までに本日のプリントを復習しておくこと。
第11回
腎・泌尿器系疾患
腎・泌尿器系の症候(乏尿・無尿、頻尿、尿閉、尿失禁、脱水、浮腫)について簡単に説明できる。
腎不全の病態を簡単に説明できる。
急性腎炎、慢性腎炎の病態を簡単に説明できる。
ネフローゼ症候群の病態を簡単に説明できる。
尿路感染症(腎盂腎炎、膀胱炎、尿道炎)の病態を簡単に説明できる。
尿路結石症の病態を簡単に説明できる。
腎がん、膀胱がんの病態を概説できる。
事前学習として、形態機能学Ⅰ:泌尿器 1〜2、形態機能学Ⅱ:腎臓のしくみみと働きについて復習し、さらに教科書の第14章:A腎・泌尿器系の疾患を予習しておくこと。また、次回までに本日のプリントを復習しておくこと。
第12回
脳・神経・筋肉系の疾患
1) 脳・神経・筋肉系の症候(意識障害、高次大脳機能障害、運動障害、感覚障害、頭痛、めまい、けいれん)について簡単に説明できる。
2) 脳出血、脳梗塞、くも膜下出血の病態を簡単に説明できる。
3) 髄膜炎と脳炎の病態を簡単に説明できる。
4) 認知症をきたす疾患(アルツハイマー病、レビー小体型認知症、クロイツフェルド・ヤコブ病、血管性認知症)の病態を簡単に説明できる。
5) パーキンソン病、脊髄小脳変性症、筋委縮性側索硬化症、進行性筋ジストロフィー症の病態を簡単に説明できる。
6) 免疫性神経・筋疾患(多発性硬化症、ギラン・バレ症候群、重症筋無力症)の病態を簡単に説明できる。
7) 脳腫瘍の病態を簡単に説明できる。
事前学習として、形態機能学Ⅰ:神経 1〜5、形態機能学 Ⅱ:脳・神経のしくみと働きについて復習し、さらに教科書の第16章:脳・神経・筋肉系の疾患 A〜Bを予習しておくこと。また、次回までに本日のプリントを復習しておくこと。
第13回
内分泌・代謝系の疾患、膠原病・アレルギー疾患
内分泌系の構造と機能連携について概説できる。
各種の内分泌器官の機能亢進または低下をきたす疾患の病態を簡単に説明できる。
糖尿病の病態を簡単に説明できる。
脂質異常症の病態を概説できる。
プリン代謝異常(痛風)の病態を概説できる。
主な膠原病(全身性エリテマトーデス、関節リウマチ)の病態を概説できる。
7)  アレルギー、とくにⅠ型アレルギーの病態を概説できる。
事前学習として、形態機能学 Ⅱ:ホルモンを介した働きについて復習し、さらに教科書の第15章:内分泌系の疾患 A〜B、および第4章:炎症と免疫、移植と再生医療 Cを予習しておくこと。また、次回までに本日のプリントを復習しておくこと。
第14回
血液・造血器系の疾患
血液・造血器系の症候(全身倦怠感、運動時の息切れと動悸、蒼白、出血傾向、リンパ節腫脹、肝脾腫)について簡単に説明できる。
赤血球、白血球、血小板の生成と、それぞれの機能について簡単に説明できる。
主要な貧血の病態を簡単に説明できる。
凝固異常症、とくに血友病と播種性血管内凝固症候群の病態を簡単に説明できる。
白血病の病態を簡単に説明できる。
悪性リンパ腫、多発性骨髄腫の病態を概説できる。
事前学習として、教科書の第11章:血液・造血器系の疾患 A〜B、および教科書の第3章:循環障害 Kを予習しておくこと。また、次回までに本日のプリントを復習しておくこと。
第15回
全体のまとめ 定期試験までに、これまでのプリントを整理・復習し、分からないところは教科書も見直して、理解を確かめておくこと。
成績評価と基準
試験は多肢選択問題(MCQ)60問、60点以上を合格とする。不合格者には再試験を行う。
履修上の注意
授業外学習を怠らないこと。質問はメール(rzohno509@gmail.com)にて受け付ける。
教科書
系統看護学講座 専門基礎分野 疾病のなりたちと回復の促進(1) 病理学、医学書院 2015
参考書・参考資料等
毎回の授業でプリントを配布する。
オフィスアワー
担当科目に関する質問は、授業開始前または終了時に教室や講師控室にて受け付けます。また、メールでも受け付けます。