大賀 明子


大賀 明子(おおが あきこ)
教授

経  歴
【経歴】
神奈川県立衛生短大卒業後東京大学医学部付属助産婦学校に進学。神奈川県立母子保健センター助産師勤務を経て千葉大学看護学部に編入学。 神奈川県立衛生短大助手、横浜市立大学看護短期大学部助手・講師、横浜市立大学医学部准教授を経て2009年より西武文理大学に着任。 明星大学大学院人文学研究科(教育学修士)。 山梨大学大学院博士課程(看護学博士)。 NPO法人狭山保育サポートの会理事。ベトナム障碍児者自立支援組織NPO法人v-heart世話人。日本助産評価機構監事。日本母性衛生学会幹事。
研究テーマ

父親と育児に関する研究
継続的・長期的な視点をそなえた妊娠・出産・子育てを支援できる看護者を育むための教育に関する研究
コメント

寄り道に見える歩き方も、ときには人生を豊かにしてくれるものです。 自分らしく生きたいという選択の結果が、今の私を作り上げています。 かけがえのない自分の人生を楽しんで生きていきましょう。 そのなかに「看護」があることはなかなか素敵なことです。 そして人生のひとときを一緒に過ごしましょう。
担当科目