西武文理大学 ブライダル 授業

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

西武文理大学 ホスピタリティ・ウェディング 2014



HOME > 感謝のお手紙


卓さま 志保さま

この度は誠におめでとうございます。
お二人に初めてお会いしてから1カ月も経たないうちでの
挙式となりましたが、ずっと前からの友人が結婚したような
感覚で、私たちもとても嬉しい気持ちでいっぱいです。

初めてお二人にお会いしたのは、先月の10日でした。
一ノ関から大船渡線に乗り換え、窓の外に降る雪を見ながら
お二人はどんな方だろう、そして気仙沼はどうなっているのだろうと
思いを巡らせながら、電車に揺られていました。

気仙沼に到着するとすぐに、海沿いを見学に行きました。
震災の爪あとが今もなお残っていて、その光景は例えるものがありません。
あれほどテレビの報道などで見てわかっているつもりで
いたのに、実際に目の当たりにするとこころの置きどころがなく、
言葉を失いました。

高台のホテルでお二人を待つ間も、なにか空気がかたく自分らしさを
探していました。ホテルにお二人がいらした時は、志保さまの清楚さと、
卓さまのおおらかさを感じ、なんて素敵なカップルなんでしょうと
みんなが手を叩いていたのが印象的でした。

ご挨拶の後、お話をうかがいながら、お二人の微笑ましい
エピソードやその笑顔に、すっかり私たちはひきつけられました。
そして志保さんから
「今回のお話で私たち、幸せになっていいのだと背中を押されました。」
というお言葉を頂き、私たちはとても救われました。
そして、次の瞬間お二人の為にできることすべてを、
して差し上げたいという気持ちで心があふれました。

今回のホスピタリティ・ウェディングの企画が
生まれたのは昨年冬の初めごろです。
私たちの想いは、まるで水面に広がる水滴の輪のようでした。
あっという間に想いが形になり、今日を迎えました。
誰かを幸せにしたいという想いは、
こうして奇跡のようなお話を現実にするのだと思いました。
今日のお二人の幸せが輪の広がりとなり、
ご親族やご友人様、広く多くの方々へとつながりを求めていけたら
幸せだなと願ってやみません。

ご家族が増えましたらお便りください。
埼玉へお越しの際には大学にもいらしてください。
私たちはお二人に出会えたことに感謝しています。
ありがとうございました。どうぞ末永くお幸せに!

2012.3.2
西武文理大学 ホスピタリティウェディング
学生チーム一同

hawaii20120301_06 1005.JPG

hawaii20120301_06 1004.JPG

icn_small.gifHOSPITLITY WEDDING team 0302.

SUZUKI Miho(Leader). SEKIGUCHI Akane. MATSUMOTO Ayano. KIKUCHI Mei. TAKEUCHI Yuri. SUZUKI Kai. HARAGUCHI Yuki. KUDOU Kaede.

.