サービス経営学部では旅行業界・観光業界・国際ビジネスをめざす学生を対象として、海外フィールドワーク(ツーリズム)の授業を開講しています。
この授業は国際観光ビジネスにおける就業力を身につけることを目的に、JTBとの産学共同企画として、カナダ・バンクーバーのJTBカナダ本社で国際観光実務の仕事体験をします。それだけではなく、実践的な英会話研修、ホテル・空港業務の視察研修、世界的リゾート地ウィスラー視察研修など、海外でしかできない体験をします。









filedw1.jpg

kanada.jpgfiledw5.jpgfiledw9.jpg


filedw3.jpgfiledw6.jpgfiledw2.jpg



n_yasuda.jpg

国際ビジネス体験で大きな目標を持つ。

今、企業が求めているのは世界を知っている人材です。海外フィールドワーク(ツーリズム)では世界一住みやすい街カナダ・バンクーバーの「本物の旅行会社」で国際ツーリズムビジネスを体験しました。成田空港を飛び立つとき、緊張と不安でいっぱいの学生たちでしたが、海外でしかできないさまざまな実習と異文化の体験、多くの人々との交流、カナディアン・ホスピタリティとの出会いを通して、確実に成長しました。そして、大きな自信と大きな目標をもち始めました。世界への挑戦を期待しています。

【経歴】
法政大学大学院政策創造研究科博士後期課程修了、博士(政策学)。観光士。1977年JTBに入社、33年間勤務。その間、全都道府県、海外50数カ国・地域を訪問。『観光サービス論』『フードツーリズム論』『コンテンツツーリズム入門』など著書多数。


異文化にふれ、英語で交流する喜びを知る。

日本とは異なる文化にふれてみたいと思ったことと、旅行の仕事にも興味があったので受講しました。現地では、英語で伝えることの大変さを感じましたが、自分の分かる単語を使い、伝わった時の喜びを得ることができました。英語が苦手でも分かる単語で話してみることが第一歩だと思いました。観光地やホテル、空港の視察もでき、異国の文化にふれることができました。そして、JTBカナダでの研修ではグループツアーという部署で、日本からカナダへの修学旅行や研修旅行に来る予定の学校について、過去の旅行先の情報を表にまとめるという業務を行いました。過去の旅行先の情報が見つからず時間がかかりましたが、すごく貴重な体験となりました。今後
は英語力の向上と、さまざまな旅行関連の資格に積極的に挑戦したいです。



t_wakiya.jpg