Need Help?

世界に通じるホスピタリティを学ぶ

report 体験レポート

東京国際映画祭

東京国際映画祭で学ぶチームワーク

2015 年の東京国際映画祭には、私たち133 名の学生が劇場、運営と宣伝広報の部署に参加しました。会場は六本木と新宿をそれぞれ分担しました。
劇場チームはチケット認証、お客様対応、舞台の転換、ごみ受け、劇場清掃や監督・出演者のアテンド補助などを行いました。運営チームはボランティアルーム管理、お弁当の配達、事務局のお手伝いなどを行いました。宣伝広報は記者会見の文字おこしなどを行いました。

会期前の大学でのワークショップでは映画祭のサービスやホスピタリティの知識とスキルについて考えました。映画祭のサービスプロセスをイメージするためには、このサービスは誰のためのものなのかを考えることがスタートとなります。

運営チームのサービス対象者は、事務局スタッフやボランティアクルーの皆さん。劇場チームのうち、チケット担当とシアター担当はお客様、進行補助は、出演者や監督です。それぞれに仕事の内容、時間の管理から、立ち振る舞いまで異なります。劇場チームにはブライダルを学ぶ学生が多く参加しました。

私たちはミーティングを重ね、サービスの中でどのようにしたらホスピタリティが実現できるのかを話し合いました。効率性ばかり考えていてもホスピタリティにたどり着けないし、効率性を無視するとイベントは大混乱です。2つのはざまで悩んでいた時に、私たちのアイデンティティについてリーダーの先輩が皆に問いかけました。それは西武文理大生としてホスピタリティを実現するために、一つになること、チームワークで乗り越えることでした。

(1年N.U)

東京国際映画祭に参加して

入学前から映画祭に参加したいと思っていました。楽しみにしていた映画祭、チケットチームに配属され仕事に臨みました。初めチケット認証はそれほど難しくないだろうと思っていました。ところが、ひと月前から準備を重ねていたにもかかわらず、予測していたこととは異なる事態が起きてあたふたしてしまいました。その時、先輩がサッと助けてくださってその臨機応変な態度は憧れと目標になりました。
映画を楽しみになさっているお客様の気持ちを大切にすること、お待ち頂く時間には理由を添えてお伝えすること、そして何よりも笑顔を絶やさないことを気を付けました。
外国人のお客様に質問され、英語でおもてなしができたことはとても自信につながりました。この授業では、映画祭が多くの人々、部署や仕事からできていて、仕事から学ぶのが特徴です。私は任されたチケット業務をサービスとして捉えることで、そこでのホスピタリティを実現する難しさと楽しさを実践的に学びました。「チームで働くことで開かれる扉があるんだよ」と準備の時に先輩に言われたことをがわかった気がします。

(1年S.I)

CONTACTお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

TEL04-2954-7575(代表)

BUNRI SNS
Topへ戻る